ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.28』感想(前半)

表紙はミスフル。…読んでない。ので、展開が解りません。終わりそうで終わらないんだなぁこの漫画。という感想(…なのか?)



『BLEACH』
センターカラー。マトリックスかと思いました。増殖するスミスさん。右ページ端の髭はチャドかなー。真ん中は兄様だ。左ページの肩のみは? 藍染さんだったりして。女の子が1人も居ない。
本編。
何とかの断崖(だっけ?)を再び駆け抜ける一護達。あ、夜一さん居た。良かった。つか尸魂界を出奔してて、そんで戻って、何らかの通達もしくはお咎めはなかったのかな。道具も色々持ち出してそうだし…。四楓院家って没落したんだっけ? お取り潰し?
出口は街中の空中。落ちるって! そこへ何処からともなく一反木綿登場。一護達を包んで丸まった木綿を、バットを構えて待ち受けるジン太。打たれる前にカバーに入るテッサイさん。
何がどうなってどうなったのか、木綿には浦原さんも同乗してました。土下座する浦原さん。まぁ藍染さんがルキアを狙った元凶はこの人にあるからねぇ。知ってて黙ってたんだしねぇ。あっさり許す一護。あー良いんだー。
帰り際に浮竹さんから一護が貰ったのは死神の代行証でした。うっわ胡散臭い。古来からってそんなの嘘っぱちじゃないの? 石田くんの疑惑の目に一票。
一心さんの一護への愛を久々に見られて満足。あの『グッモーニン、イチゴ』、好きなんです(笑)

『ONE PEACE』
今回はあちこちで忙しい。
狙撃のキング、そげキングとロビン。物凄く正体バレバレなのに双方それについて突っ込まずに会話が進んでくのが面白い。ロビンが叫ぶのって珍しいよね。冷静なイメージがあるので。一味が非常にオカシクなってても横で静かに本読んでて、とか。
一味に戻るよう説得するそげキング。ロビンにはロビンなりの考えがあって戻るわけには行かない。勝手な真似をしないでって、その台詞が悲しい。本当は嬉しいって思ってるよね? そげキングとして説得してたのに素に戻っちゃったそげキング(この場合、ウの名前を出して良いのか。いや正体バラしてないしな)。何だかんだ言ってても、キミは仲間だよ!
大声で騒いでたら後ろから確認しに来られちゃいました。誰だっけこの人。二人羽織りで迎えるロビン達。真面目なロビンの表情と奇怪な腕の動き。バレるだろそりゃいくら何でも。ところが入ってきた人はロビンがハッチャケてると思ってました。…何で解らないかな…(解られてもとっても困ります)。…えーと、ロビンとそげキングはどっちが前?
次。戦う海のコックさん、サンジさん。二刀流ですよ奥様!(誰) 好い加減ラーメン達磨が鬱陶しいので遠慮なく切り刻んで戴きたいものです。鼻からラーメンて…汚いなぁ☆ そんなのをサンジさんの顔にぶつけないでよ。食べ物を粗末に扱う奴ぁコックさんなんて名乗ってはいけません。二刀流で鮮やかに切り刻んだラーメンもといパスタを美しく皿に盛る戦う海のコックさん(2回目)。
ラスト、規格外同士の戦い、フランキー。と、…シャウッ!! な人。激しいぶつかり合いに、今までにない迫力があるなぁと思いました。筋肉ムキムキて苦手なんですが。フランキーの海パン(?)も苦手なんですが。

『NARUTO』
白眼で”禁”の札を探すネジ、場所を教えるのに、口では説明しづらいってまた言うかと心配してしまいました(先週のを引き摺ってた☆)。
結界外すのはガイチームの担当。結界を外されたアジトに突っ込むのはカカシチーム。ワンコは何で帰ったの?
結界を外すと、敵が現れる仕掛けになっていた模様。外した人物と同じ姿形、だよね? 幻影? 自分と戦う事になるのでしょうか。
結界の外れた岩を砕いたのはサクラちゃん。それは技名ですか? 怪力は此処の為の伏線だったのでしょうか。
アジトには暁のメンバーが待ち受けてました。遅かったってカカシ先生の呟きは、鳥を見たからか。あれが元絵を見ないで描いたチョコボ守鶴なんですね。足元に横たわる我愛羅。死んじゃったの?
ぶっ潰すと叫ぶナルト。一番先に叫んだ事で、見事、イタチさんの読みは大当たり。よく敵を観察してるよなぁ。その辺も強さの秘訣かなぁ。つかもっとマトモな言いようがあるよね(笑)男だとか年若いとか(マトモか?)。
次週はいよいよバトルですかね。そんでサクラちゃんと婆ちゃんが我愛羅の蘇生を試みる、とか?

『DEATH NOTE』
今は無能だと思われていた方が良いって…開き直ってるようにしか聞こえないよ月。人物相関図にもそんな事書いてあるし。ニアとの遣り取りも押されてるよね。優位に立とうと一生懸命なところが何とも。…月に対して一生懸命なんて言葉を使おうとは。
夜神パパは、寝ている時もきっちりした人と判明。全然寝乱れてません。布団、端っこの方まできちんとしてます。起きても、髪の毛に寝癖のようなものも見られません。疲れないかな、寝てて…。夜神ママとの会話が和みました。
そんなパパにメロから電話。携帯共有システムで月達にも。松田さんが『携帯共有システムですね』って説明してる。以前から読んでる身としては要らん説明だ。最近読み始めた人への配慮か。その松田さん、ヤバイです。咄嗟に書いちゃったかもしれないにせよ、死んじゃいそう。夜神パパは何て思ったのかな。月は願ってもないって思ってたりする?
夜神パパを言いくるめたり、大統領をも躊躇なく巻き込むメロ。ところでメロがマフィアのボスだと思ってました…
シドウは死神界で必死のビラ配り(配ってる様子はコミカル…)。あの似顔絵をどうやって写して死神会に持ち込んだのかはさておき、評判はイマイチ。ノート見つかると良いねぇ。マド、あんな作りだったのか。
今週のニアの玩具はプラモデル。凄い数。これ全部1人で組み立てたのかなあ。誰が買ってきて、誰が片すんだろう。

『アイシールド21』
待ちのヒル魔さん。…らしくない。ムサシは来ないかもしれないのに。そんな低い、低過ぎる可能性に賭けるような人だったのかなぁ。
相変わらず過去の回想は秀逸です。断片的にしか描かれないのに凄く伝わってくる。皆、ムサシがわざとそうなるように(退部とか退学とか)仕向けたって知ってるんだよね。退学は…ホントに喫煙なのかな? まも姉、ショートカットの時もあったんだね。ムサシが姉崎って言ってくれなきゃ解らなかったです(^^ゞ
テレビの向こうで叫ぶ人を見て、ムサシパパはどう思ったのか。家の事は気がかりでも、息子の事だって心配に違いない。あんなにもムサシを待ってる人達が居る。居るのを改めて知ってしまった。けれど息子は口で言ったって言う事聞いたりなんかしないし、それらの思い全てが石入りの握り拳でのパンチに篭められてるんだろうなぁ。
ヒル魔さんの物言わぬ感情たっぷりの眼差しが、試合会場に駆けつけるムサシに向けられると良いのだけど…

『切法師』
だらだら延びずに2話でサクッと終了。良い感じです。
主人公の表情が良いな。ダルマ息子が鬼をガッチンコされるのを振り返り見たのとか。
バトルシーンはちょっと解りづらいところも。耳キーンとか錫杖で突いたのとか。右から左に読んでるんだから、左から右への流れは途惑います。
ダルマ母も息子もどちらも真面目で良い人。侍になるのは諦めて、作った野菜で人々を救おうと決意も新たにされました。
[PR]
by skyseeker | 2005-06-14 20:53 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.28』... 『週刊少年ジャンプNo.27』... >>