ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.29』感想(後半)

FF7AC豪華版の中身の画像と、FF7ACより新画像が載ってました。OVA見たい、脚本読みたい。



『銀魂』
あ、またお姉さんが出てきたよ。先週の続きなのかなぁ? レギュラー化? と思ったら、今週はお妙さんと遭遇編。そっか初対面か2人。
同じキャバクラにお勤めだった。そしてトップを争う売れっ娘さん達だった。そうかぁ人気者だったんだぁ。でも問題児。それぞれがそれぞれに問題児。今月売り上げ悪かった方がクビ。
キャバクラ嬢の生き残りを賭けた熾烈な戦いが始まるのです。どれくらいドンペリを頼ませられるか!
空知さん、ノリノリで描いてませんかね?(笑)
コマも台詞もテンポ良くて、『え、え、え』って間にドンドン話が進んでって行き着く暇もありませんでしたよ(←誉めてる)。
阿音さんが滅茶苦茶性格悪いキャラで行くのかなぁ、お妙さんの黒さは阿音さんの妄想かなぁと思って読んでたです。
そうではなく、お妙さんも本気だったんだよね。眼鏡売れとか刀売れとか無人契約機から借りて来いとか、酔っ払ってたみたいけども。
松平のおっさん良いなぁ。さり気に奥さんに叱られるって呟きつつ慌ててないのも良い。部下の目の前だしね!

『D.Gray-man』
御免、アレン、最後の方、君が何やってんのかよく解んない絵だったよ。
むんずと鷲掴みにして引き戻そうとしてたんだよね。そしたら村一歩手前の山(?)にスーマンさんブチ当てちゃった、のかな? 左手があまりに大き過ぎて…イマイチ…(スーマンさんもデカイが)
スーマンさんはアクマも呆れる存在になってしまったようです。彼が村を壊すまで傍観してるつもりらしい。その隙にアレン、彼を救えたら良いなぁ。救済の破壊者になれますように。
お話は進んでなくて、感想書きづらいッス…
表紙のアレンは可愛かった!
小説、売れてるんですね。まだ増版中なのか。コミックスも7月4日発売。あ、歯医者予約の日だ(関係ない)。

『DEATH NOTE』
ラストページの月の顔が怖っ!
まだまだ足掻いてるっぽい月。大統領を味方に引き込めたものの、優位に立ったって言うには少し早いのでは。あんまり立ててる気がしません。約束を貰っただけではね。来週には大統領死んじゃうかもしれないし。
ニアにもメロにも知られないままでいて、特殊部隊が実際に動いて、ノートを奪取出来た、まで行ったら出し抜けたって思える、かも。
何がツマンナイって、月が机の前にばっかり居るからかも。何かを言ってるだけ。前は、隠しカメラを役立たずにしたり、電車内でレイ・ペンバーを葬ったり、動いてるのを見てるのは楽しかったなぁ。
今週の大活躍はミサミサでした。彼女が”目”を使ってる時の彼女の目が好きです。トーン重ね張りのヤツ。その部分だけ人間じゃないって感じで。
月が来るってんで、くつろぎ着から黒の下着に替えて待ってるのも可愛い。つか、ミサミサ、ちょっとヒップがダイナミック過ぎないですかね。アングルの所為?
彼女が発見した、名前だけ見えて寿命は見えない人物。これ、シドウは見てたかな?

『いちご100%』
真中、映像を学ぶなら専門もあるよ(多分)。
シチュエーションはエロかったですが、今週は(も?)とっても少女漫画でした。
抱きつくって…大胆になったねぇ、東城さん…
気づけ真中。

『HUNTER×HUNTER』
久しぶりに女の子キャラが出てきました。
そして、冨樫先生らしいゲーム! こういうの考えるの、好きそうですよね、先生。
軍儀という名前らしいです。将棋みたいな盤上で行う戦略シミュレーション。駒を重ねられるのが最大の特徴でしょうか。
囲碁でも将棋でもチェスでも、ルールブックを一通り読んだだけでチャンピオンすら呆気なく負かしてしまう王の、軍儀ではその過程を丁寧に描かれている。読者もルールを知らないわけだから、説明も兼ねてかな。じゃないとどんなゲームでどんな凄さがあって、あの女の子がどんな強さかってのも解らないし。
先客の顛末でワンクッション入れたのも、緊張感が増しました。
あと、王様、女の子に対して妙に優しげ。何でかな。目が見えないからかな。自分を必要以上に怖がっていないからかな(いやだって見えないんだし…)。

『ユート』
シーズンと言うんで、もう冬が来たのかと思いました。10月なのか。でも早い(笑)
先生の腹黒さが炸裂の回。この人はどうしても雄斗にショートをやらせたいんですね。
何故?
実力があるから?
それだったらロングで良いじゃん。本人ややりたいのをやらせたら良い。
自分の教え子から強い子を出したいだけじゃないのかな。牧原くんが物足りないのではなく。牧原くんだけでなく。大きな大会で上位の成績を残せば入会者も増えるだろうし、ショートの知名度も上がるし、盛んになるかもしれない。
うん、それは良い。…良いんだけど。もし雄斗が騙されてたって知った時、雄斗はどうするのかな。ショートはもうやってくれなさそうな気がする。
(それだと、また練習場所がなくて困っちゃうんだけど)

『カイン』
じいさま死んじゃった。
来週はルゥランを連れて、メイファの街に戻るのでしょうか。
踊ってた将軍、男?
固形方氣の件さえなきゃドキドキした、筈。あんな乾電池みたいなの、反則だよー。まぁ固形方氣の作り方も知らんけど。

『切法師』
今週も見開きを使ってて、スピード感があります。ちょっとまだ途惑う事もありますが概ね良好。
切鬼剣は滅多に使わないんですね。普段使うのは五行(?)の術。土の術で、引力を人捜しに使う、弟に向けて落下していると言う台詞に、正直やられたと思いました。
動物ではない鬼が出てきました。見た目、骸骨。倫太郎が途中で出会ったお侍さん曰く、正体不明の敵。正体はともかく、”敵”として存在しているのか。お侍さんの方で暫定的に”敵”と呼んでいるのか。
姉弟を骸骨から助けるだけのエピソードにはならない感じですね。人間に憑くように仕向けた誰か(敵と呼ばれるからにはそれなりの人数が居そうですから)とニアミス、或いはそれとの戦いによって終了(ぅゎ)も有り得そう。
…ただの妄想だと良いな(笑) 他の切法師とも会ってみたいですし、陰陽連(の本部?)にも行ってみたいですから。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
リオ先生の顔がバリベリ剥がされそうになるのが怖いよう。血! 血が! 顎から血が!
つかソフィー浮いてる! 足音もなくスーッと近寄ってくる様は…うは☆
恐ろしくてロッカーになんて隠れてられないッスよ。あでもトイレじゃ個室の数少なくてすぐに見つかっちゃいそうだからもっと嫌か。
ムヒョ早く起きてくれえと思いながら読んでました。
そんであの呪文を唱え終わるまで他の皆は足止めを頑張らなきゃならないんですよね?
[PR]
by skyseeker | 2005-06-22 19:28 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.30』... 『週刊少年ジャンプNo.29』... >>