ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.30』感想(後半)

ゲーム情報ページで、白夜とキサナって文字を見て、誤植でBLEACHのゲームかと。
全く違った。
紛らわしいよ!!(逆ギレ。ちゃんと読みなさい)



『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
センターカラー。
ソフィー、目ン玉黒くなければ結構可愛いんじゃないかと思うなぁ。
いつアロアロ唱え終わるのか、今週もドキドキでした。
裁判官と執行人はやれる事が違うんですね(今更でしょうか…。ちゃんと読み始めたの最近なので勘弁…)。ロージー、ビコの札使えたじゃん。良かったね(で、良いんだよね?)。
ソフィーみたいな強力な霊が居る監獄に、戦力になる執行人がいないって何でなの。閉じ込めておくから札を使える人が居れば良いのかな。
てか裁判官権限て何?
『執行人』、『裁判官』、『魔具師』の能力を詳しく知りたいです。勉強します。
バトルはスピード感があって面白い。停滞しない。きちんと描写もされてるからこのコマ何やってんのってのもない。親切。
ソフィーをロッカールームに閉じ込めて札で封しても全然安心できない。あんな怪力だったら札の効力なんか全く無視して、力任せに飛び出してきそう、と思ったら出たよー!!
そして間一髪、詠唱終了。床やら壁やらからぶっとい鎖が現れてソフィーを拘束。誰と契約したんだろう。

『テニスの王子様』
前に戦った時の経緯なんて覚えてないので、存分に戦ってください。
あー凄く普通にテニスしてる…
(小石を狙ったり風を読むくらい普通ですよね)
ビシッと登場したオールバックにスーツ、コリャまた老けた中学生だなぁと本気で思った。

『銀魂』
土方さんの下の名前、判明。十四郎。……。すいません、力尽きました。
あ、あと、花屋さん再び。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
サラダにポテチ…ええっとクルトンみたいな感じ?
すいません、ウチの高校に学食はなかったです。なので選択対象外ですね。
弥子ちゃんの食い気は虫にも及ぶようです。ってか、やめようよ! きっと中身詰まってないって!(プリプリ感を確かめる為に、虫(しかも超リアル)を凝視してしまったではないですか!)
…この漫画一番の謎は、弥子ちゃんの広範囲な食い気にあると思います。終。
いや、箱箱!
詰まってるつえば。届いた赤い匣にはみつしり詰まってんのかな?(このネタ多そう(笑))
あかねちゃん、トリートメントして貰って綺麗に編んで貰って嬉しそうだねぇ(⌒ー⌒)
尋ねてきた依頼人に、ササッと壁の隙間に隠れる様もプリチー。
さてその依頼人、ネウロさんにとって”価値のある””脳髄の空腹を満たす””『謎』を持った”依頼人らしい。テレビ投げる気満々。
今週も弥子ちゃんの頭を掴むネウロさんの図が見られて幸せでした。

『タカヤ-閃武学園激闘伝-』
寮、男女一緒なんだ…
増築を繰り返してって、金持ち学校じゃなかったんだっけ?
牛は婆ちゃんのペットかと思ったのに…

『カイン』
味方の人が最初、先週踊ってた人かと思いました。
でもなぁ、先週踊ってた人といい、今週出てきた人といい、狙ってませんか? どうにもあざとく見えちゃって仕方ないです。こういうの出しときゃウケるでしょ? みたいな。…意地悪いですかね(^^ゞ
腹からロケットパンチはやっぱり評判良くなかったんでしょうね。違う技が出てくるかもなんですね。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
夏らしくプール話。
本気で泳ぎたいと思うんだったらちゃんと教室通った方が良いと思います。
もしかして死ぬ気弾で死ぬ気になれば15m泳げたのでは?(本当に死んじゃいそうだ)
ハルちゃん、ビキニー。

『HUNTER×HUNTER』
面白いなぁ。絵は相変わらず下絵ですが、それでも内容の面白さはバッチリ伝わってきます。一時期のツマンナサは何だったんだろう。これくらいのテンションが続いてたんならコミックスだって買い続けてたと思う(何とか言うビルでゴンとキルアが修行してる辺りで止まってます)。
ハコワレがヂートゥにどんな影響を及ぼしてるのかサッパリ解りませんが、煙管の人には何やら考えがある模様。もしかしたら特に無くて、ゆっくりのんびりして、ヂートゥを苛立たせる作戦かもしれません。気ィ短そうだし。
こういう駆け引き、力任せだけじゃない、頭の回転も必要とする戦いの仕方は冨樫先生ならではデスね。
さて一方、王とアカズ(仮名)ちゃん。やっぱり予想通り、王に勝利が見えてきません。アカズちゃん駒、自分で置いてる。アカズちゃんの駒も王が代わりに置いてくもんだとばっかり思ってました。…あれ?
途惑ってる王も新鮮で良いなぁ。
猫っぽいネ何とかピトーはよく出てくる人だよね(の割に名前覚えてませんが)。一緒に喋ってる人は…先週も見た気がするんだけど誰って人でしたっけ。
来週は作者取材でお休み。えー!!

『いちご100%』
バチ当たっても多分、構わないと思う人が大多数。
受験滑っても多分、気にもならない人が大多数。
受験、止めたのかな。コロンと鉛筆転がしたにも関わらず、放棄した描写(教室を出るとか)がナイ。ただ単に手の力が抜けちゃっただけなのかも知れんが。
校門で待ってる西野さんが健気だなぁ。本当は会って指輪のお礼をしたかったとと思うのに。受験終わるまで会わないって。雪降りなのに。
そんで何の箍が外れちゃったのか、妙にエロさ炸裂の東城さん。相変わらず不自然な動きを見せる漫画であります。まぁミニスカにタイツでは、スカート捲れ上がるのは普通か(結構大変)。
つか自分から背中に手ェ回しといて、真中をどかす時になって躊躇ってる場合じゃないって、最初から躊躇っときなさいよ。唯ちゃんにも目撃されちゃったし。
唯ちゃんの中でブラジャーの行方が完結しちゃったよ。雪の中、真中にバチ当てに来た時、言わなかったのは何故かなぁ。後からドカンと落とすつもりか?
で。真中の受験会場の門前で西野さんと東城さんがばったり遭遇。うわー…バトル?

『ユート』
地味に続いてます。面白いと思います。図抜けた驚きシーンとかはないのですけれども。
やっと現実で公式のレースです。最近は最初の頃の(コミックスに例えるなら2巻分くらい?)のだらだらした話運びから脱した感じ。週刊てストーリーの組み方が難しいなぁ。月刊なら2話くらいで終われたんだろうな。
牧原くんは雄斗がライバルだって思ってて。でも雄斗は牧原くんだけがライバルじゃない。この辺の擦れ違いがギクシャク感の元でもあるんでしょうか。あー、牧原くんて大人だなぁ。学年がいっこ違うだけでこんなに違うのか。
雄斗にショートをやらせたいという監督さんの意向を、雄斗は牧原くんから聞きます。雄斗父も監督さんから直に聞いてます(だよね)。雄斗、ドンドンいい様に転がされてくなぁ。北海道への遠征も、大人にお願いしなきゃどうにもならないし。
何気に扉絵の吾川くんナイスだ。習い始めて随分経つだろうに、結び方がまだ変(笑)
[PR]
by skyseeker | 2005-06-29 20:09 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.31』... 『週刊少年ジャンプNo.30』... >>