ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.34』感想(後半)

FF7ACを777名にプレゼントだそうだ。多っ!(笑)
応募しちゃおっかな~(←すでに予約済みのくせに)

BLEACHとDグレと銀魂のカレンダー欲しい。



『アイシールド21』
センターカラー。色が綺麗だなぁ。
本編。点取りゲーム。かなり見せ場(片方だけで一週分使うくらい)だろうに、数コマであっという間に終わらせてる。
小結くんのヤル気顔には吃驚。そっかそんな顔もできるんだ。リアル小結くんはそんな顔なんだ。
顔面芸なら栗田くんも負けちゃいない。器用だな~。どっちにしたって嬉しいんだよね。
キックするふりしてパスってアリなんですね(まだまだルールが解らん)。
キッドは『1番になる』って事に、過去の引っかかりがある様子。ヒル魔さんの言葉で動いたかな?
鉄馬のキャッチに吹っ飛ばされるヒル魔、セナ、モン太。取るのは難しそうだ。
『あきらめないで――!!』って叫ぶ鈴音ちゃん可愛い。
泥門の30番て誰だっけ?
ヒル魔さんには何か秘策があるんですね。

『D.Gray-man』
ノアの一族としてのティキと遭遇したアレン。やっぱりあの時の男とは気づいてない様子。
黒くてもティキは何つーか、穏やかな人だ。残酷ではあるけれど。殺す時は容赦ないのだろうけれど。
心臓を掴んだのを見ても、あまり怖くなかった。何となく今は殺しそうにないように思えて。
でもでもアレンが『アレン・ウォーカー』だって知っちゃったら、ティキはどうするのだろう。殺すかな。うん、殺すよね。
今のアレンにそれに抗う力はない。左手は壊れてるし、右手は折れてるし、体力も残ってない。
中国の何処かの森の何処かの片隅で、密やかに生と死の境界が引かれようとした。
それでも気力はある。んだと思う。命を握られていると知っても俯かないで顔を上げてティキを見た。
名前の書かれたカードを取り出して、尋ねるティキに、アレンは何て答えるだろう。
肯、と言うかな。
嘘は吐かないだろうと思います。アレンなら。何となくね。
ところでティーズのズは複数形のズ?

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
今週は夏祭り。女の子ズの浴衣が可愛いよ~。帯飾りが良いなぁ。イーピンをわざわざ大人にして出してくるのも良いよ~。チョコバナナはもう食べちゃったの?
リボーンの射撃の腕は凄過ぎ。流石ヒットマン。獲った景品はどうするのかな~。
中学生が露店出して良いのかどうかは兎も角として、楽しそう。文化祭とかそんなノリだよね。弁償しなきゃとか行ってるけれど。
チョコバナナって食べた事ないデス。冷えてる訳では…ないんだよね?
ライフセイバーのお兄さん達がまた出てきました。恨みがましいなぁ(笑) 中学生に負けたのがそんなに口惜しいか。
ヒバリさんと共同戦線て、ヒバリさんはそんなふうには思ってないよね。売り上げが手に入れば良いだけだから。ライフセイバー達を倒すのに手数が増えればラッキーで、ツナ達から奪う方が簡単だくらいに思ってるんでは。
最後は皆で花火見物(屋台はほったらかしたままだよね?)。

『タカヤ-閃武学園激闘伝-』
バトルシーンは割と面白い。
ストーリィは…どうかな…。部屋に隠れてる人が居るとは考えなかったのか。

『切法師』
面白いんだけど、どうにもテンポがね(^^ゞ 戦いの最中にやってる事多過ぎです。火まだ持ってきてないし。配分をもうちょっと何とかすればもうちょっと良くなる気がするのですが。
馬に殴られた繭ちゃんの怪我が意外に軽くて、ちょっと拍子抜け。や、大怪我して欲しいわけではないです☆ 普通に起き上がったんで。
倫太郎は、旅に出たばっかで、お師匠様から習ってただけだから、実戦を通して学んでるんですね。
口で防御力が強いと言われても、どの程度強いのか解らないし、実際に殴ってみて鎧を貫通しないって知って、それで焦らずにちゃんと策を練るのが偉い。で、負けない実力を持ってるのも凄い。ちゃんと修行して、お師匠様の教えも良かったんだろうなぁ。
今のとこ、倫太郎1人で戦ってても不安はないですね。他の切法師の人も、いずれ出てきて欲しいなぁとも思っていますが、今は倫太郎の活躍を見ていたいので、まだ良いかな、出なくても(笑)
巻末に特集2ページ。今まで出てきた鬼のおさらい。割と出てきてたんだなぁ。

『HUNTER×HUNTER』
座ったまま涎垂らして寝てるアカズちゃんが可愛い。
王様、悩んでますね。今までにない感情を持て余し気味。それを自分でちゃんと整理しようとしてるところが他のザコと違う。他の人だったらガーッて爆発して力に頼っちゃいそうな気がするので。
まぁ結局王様も考えは纏まらずに、対局しちゃいますが。
そして賭けをしようと持ち出す王様。
双方、何を賭けるのか全然解りません。王様はアカズちゃんの命は最初から握ってるわけで、今更アカズちゃんの命を欲しがるとは思えない。
アカズちゃんも、欲があるようには見えないし…
軍儀のルールはさっぱりなのに、駆け引き(盤上も心情も)が面白いって、面白いなぁ。
パイプの人とヂートゥの戦いは決着。
ヂートゥ、折角新能力出したのにね☆ バカって言われちゃったよ…
口から出してた煙はヂートゥを捕まえるロープだけでなく、分身も作ってた。この辺は経験値の差かなぁ。
念のフィールドが解けて、パイプの人は黒服と合流。マンションの部屋に転がってる物体は何?

『カイン』
…掲載順が後ろ…
回想シーンだとすぐには気づけませんでした。バックが黒じゃんね。
メイファは自ら敵の手に落ちたと判明。総帥の力足らずではなかったと。
こちらでも拷問シーン。銀魂より痛そうだ。
弟くんの記憶は封じられてるんですかね。確執部分のみ強くさせてるのか。前週の回想シーンを読む限り、弟くんはカインを嫌ってるようには思えなかったので。お兄さんを慕って弟まで出てっちゃったら親父の立つ瀬がない、と。
ルゥランに治して貰ったカインと、足が鬼傀の人(名前…何だっけ…)がメイファを助ける為に出陣。
助ける為だけ?

『いちご100%』
卒業式だ。
東城さんの中路賞受賞は知れ渡ってるんですね。校内だけでなくテレビ局が取材に来ちゃったり雑誌でアイドルのような扱いを受けちゃうくらいに。
答辞を読む事になったのも、受賞したからでしょうか。
読んでる内容と真中の回想がぴったりで、あぁそんなのもあったねぇ、と懐かしい。
式の後は、生徒達やマスコミに囲まれちゃうのかと思いきや部室に避難。ナイス策略だ黒川先生。ただ思いっきり酒を飲みたいだけのような気もするが。
卒業後、さつきは京都の料亭で女将修行ですか。実家は確か兄弟多数だったよね。普通の家って印象があったのですが、そんな親戚がおったとは。
外村は東京大学ストレートで合格。意外に勉強してたのか。
東城さんは大学行きつつ小説家するんだね。
西野さん…真中だけが思い浮かべるんで良いから出て欲しかったなぁ。
真中は何をしてるのかと思えばガテンでバイト。似合うよ、ヘルメットとタオルが。お母さんにお小言頂戴しても、然程構わずに迷惑はかけないと言い切る。
次号クライマックス、だそう。
[PR]
by skyseeker | 2005-07-27 20:43 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.35』... 『週刊少年ジャンプNo.34感... >>