ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.35』感想(前半)

表紙の紙の幅が狭くて、ちょっと持ち辛かったですよ。
折り返しをめくったら、騎士が4人。忍者vs騎士、って……

アニメ『BLACK CAT』のトレインが幼いのは、クロノス時代のトレインだから?

4号連続スペシャルゲームのTシャツ、Dグレのが欲しいなぁ。



『NARUTO-ナルト-』
サクラちゃんが恰好良いよ。ちゃんと考えてる。医療忍者の鉄則は攻撃を回避する事。前線で戦わなけりゃならないのなら、そうだよね。介抱する側が怪我しちゃダメだ。
無数の針状になって襲い掛かる砂鉄を、裂傷を負いながらも致命傷は避けてみせる。
その砂鉄の針には毒が仕込まれてて、砂の里で作った3つの解毒剤が使われた。
それは良い。解毒剤の数どころか解毒剤そのものの存在を忘れてたけれども。
でも解毒剤って毒を解くからそう言うんであって、3分間無敵になる事じゃないよね。残りの1本を婆様に渡して、後1回攻撃を食らったらお終いだって言うんなら兎も角。
定義がよく解らんがウルトラマンの如く時間制限付きで次回センターカラー。

『ONE PEACE』
表紙。見つかっちゃった!
本編。
そげキングにルフィとチョッパーがめろめろですよ…。すっげー目がキラキラ。解んないのか君ら。誰も教えてやらないのか。
うんでもそげキング、格好良いよね!(笑) そげキングのテーマソング、CDとかになんないのかな。
周りでの、それぞれのウソップ像が面白い。皆色々な感想を抱いてるんだなぁ。色んな所で色んな人に会ってるんだなぁ。
サンジがロビンについて事情説明。
それに対し、ロビンに怒るルフィ。状況は二の次なのか。だから作戦聞いても右から左なのか。
仲間を助けるって気持ちからすると、例え5分だろうと待つには長過ぎるのか。
ゴムゴムのロケットを駆使して単独で島に侵入。そのまま奥まで行っちゃえるのでは?
銃撃をものともせず、元気に突っ走るルフィは見てて気持ちが良いです。今までずっと狭い列車の中だったからね。広い場所でのびのびしてる姿は清々しいね(ナンカ違う)。
そんな後方の騒ぎに気づいたのか、気がかりそうに振り返るロビン。哀しげな表情が哀しい。
次回は全員で島に乗り込んで全員で大暴れかな。
つーか、そげキング、怪我してるんだよね。フラッてしてる。

『アイシールド21』
攻撃型のチームが守りに入ったらヤバイって話。
時間をギリギリ使って、残り時間を過ごそうとするガンマンズ。だってラスト3分。ダラダラお喋りしてたらあっという間に過ぎちゃうような短い時間。
それなのに安心できないのは何でだろう。ガンマンズの監督が道化に見える。
多分、ヒル魔さんが大人し過ぎるから、かな。
パスコースを読む作戦の説明、かなりワクワクしながら読みました。
キッドを見るのではなく、鉄馬を止めるのではなく、狙っていたのは鉄馬の一瞬力を緩める指だった!

『BLEACH』
一護は死神の一心さんは見なかったんだよね? 学校でかなり悩んでる。のは平子くんの事だろうな。
その平子くん、元気に織姫と登場。
平子くん、歯並び良いよねぇ。常に歯が見えてるから余計にそう思う。虫歯とかなさそう。もしかすると総入れ歯なのかも知れないけれども。ベロにナンカあるのはピアスかなぁ?
物怖じせず織姫にハグしたり。
そんな元気な平子くんに、一護キレる。
や、織姫に引っ付くなってんじゃなくて。それもあるけど(謝るの、当たり前、ですってー)。
もう用は済んだろ…って、一護、嫌だって言ってたっけ? 先週、断ってたような印象、ないよ。
平子くんは、一護が承諾するまでシツコク付きまとう宣言。
死神の虚化ってのは『発症』するのだそう。変化とか変異とかではないのか。病気みたい。陰性陽性があるのかな。死神であるなら、発症するかもしれないのか?
そんな2人を見てるのは、たつきちゃん。この間っから意味深なのに何ひとつ出てこない。もどかしいよ。
ガッコ行くのに不平そうな平子くんの前に、女の子登場。ひよ里ちゃん。ジャージにビーサン、斬魄刀。どんな服装だ。何やら平子くんより強そうですよ。着衣の胸に猿の一文字。平子くんが電話してた相手とは違うね。ひよ里って名前で呼んでる。
そして、真実を知る為に平子くんを付けてた織姫とチャド。織姫なら、ウンって言いそうだ。
さて一護と同じように悩んでいた石田くんは、父親の居る病院に向かってた。医師だったのか石田パパ。一護パパと同業者かい。
石田パパの言う通り、二度と死神ともその仲間達には近づかないと誓う石田くん。
えっと、能力を戻して貰っちゃったらもうこっちのもんじゃないの?(←悪ガキの発想)

『みえるひと』
バトルシーン恰好良い。短くても格好よく描ける人だと思うんで、バトルはもっと短くて良い。
何だろうなぁ。陰魄とダラダラ喋ってなくて良いって事かなぁ。
陰魄は終始無言で、明神さん1人が『ひり出せ俺!』とか叫んでちょっと苦戦しつつ倒す、とか。
明神さんが手に巻いてる梵字の書かれたテープの説明がちょこっと出た。巻いてるから明神さんは生身で力が出せるとか。巻けないと出せないのか、巻ける人と巻けない人もいるのか、巻けても力出せないのか。
黄の連梵字で案内屋なら、他の色で他の職業(?)の人もいたりするのかな。
技名は花の名前がくっついてる。綺麗。
力を持ってたのは目玉カエルではなくカンテラ(黄色かったとは驚きだぜ)の方。
ぶっ飛ばしたのは少年の一撃必殺、ゴーストバスターストライク!
山ごもりの成果だね!
本体は、実は超Mな案内屋で木っ端微塵。
裸足だからって背負って、エージも襟首引っつかんで引き摺って、何て親切な大家さんなんだ。ひめのんは家賃の為だけどね(笑)

『銀魂』
銀さんと似蔵さんのサシで勝負。似蔵さんは盲目だったのか。目開けたらコスモがとかじゃないのか。
斬り合って、肩から物凄い血飛沫の銀さん。その斬られ方じゃ、肩パックリ開いちゃうんじゃないの? 血飛沫の割に出血量も床に零れる血の量も少ないし。少年誌であんまり血みどろってのもマズイのかな。
とか思ったら、次の斬り合いで、銀さんの腕がもげた!!
居合いで斬ったにしては斬り口が粗いから、まさにもげた。ゴトンて。先の肩斬られた所為?
ドキドキしてたら全て似蔵さんの想像でした。ふぅ、吃驚した。これから銀さん隻腕になっちゃうんかと思った。それも恰好良いけど、主人公に致命的な傷(ビジュアル的にも)(初期設定からじゃなく)を与えるって、そうそうナイよね。
似蔵さんの刀は、1回目の斬り合いで、銀さんに折られてた。強いな洞爺湖。
サムライ2人が仕合ってる間、勘七郎争奪戦は屋根の上へ。ココって確かスッゴイ高層ビルだったよね。風に煽られたりとか大丈夫なのだろうか。
勘七郎は橋田屋の孫でもあるけれど、彼女の子供でもある。彼女からすると順番的には彼女と勘太郎の子供の方が↑。
でも彼女の説得はイマイチ。
乳飲み子だろうと抱きかかえられながら言われた言葉はずっと覚えている。死んだ妻の写真の前で勘太郎に言った言葉を、大きくなっても勘太郎は覚えていた。
今勘七郎を抱えて橋田屋の跡取りとかって言い争ってるのもきっと勘七郎は覚えている。
で、勘七郎を彼女に返しちゃうの? 今までの執着っぷりからして(拷問したりさ)アッサリし過ぎてないかなぁ。
『孫思いのおじいちゃん』にオチちゃったのかなぁ。
堕ちたと言えば、長谷川さん、ソレ、誰の?

『テニスの王子様』
跳んでる跳んでる。テニスにそんな回転要らないだろってツッコミも弾き飛ばすくらいに跳んでます。
そして試合の最中にギャラリーの一声から自分のサーブに名前を付ける余裕さ。まぁ、大声出しながら打った方が良いらしいですね。
スピード計ってますが、212km/hってサーブ的に速いの? 遅いの?
海堂のリバース何とかがごく普通の技に見えてきました。
そんで無敵の体力の持ち主である青学に、持久戦に持ち込ませないようサクサク終わらせたい氷帝。それは正しいね。体力トレーニングしてきた人多いからね。
画面一杯に宙返りしたり爆発したり股の下から何だか意味不明な叫びをしたり(『下克上等』って何…)(『下克上、上等』って事か?)(本気で言ってる?)(奴ら中学生だしな!)、カウントも謎なまま氷帝勝利。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
ヨイチくんのバリアは定評があるらしい。この人が出てきた頃を読んでないので実力の程を知らないのです御免なさい。
MP(違う。煉)が尽きたらバリアも消える。
ギリギリの状態の中で、秘薬作りも続行中。メモリもなさそうな試験管とビーカーで目分量で作ってるのも凄い。正確な分量って決まってないのかな。その人の持つ煉の量によって調合が変わってくるのかな。
冒頭の回想でリオ先生が作ってたのはどうなんだろう。
失敗を繰り返しながらも秘薬、葛根湯煉根湯、成功。
ムヒョ一気飲み。いーい飲みっぷりです。朦朧としてた目もパッチリ。
まずはリオ先生が振り回す杖の破壊から。何すんのかと思ったら、リオ先生の腕に麻酔針をブッ刺して、落っことしたところを物理的に真っ二つ。
リオ先生を助ける為のムヒョの作戦は、リオ先生と契約した使者を倒し、契約を白紙に戻す。
使者が使者を倒す、ってどういう事なのかなー。
魔法陣作成中にヨイチくんが魔法陣を発見。携帯用…そんなの持ってるんなら逃げ回らずに済んだのでは。
当然、ビコのものではなく、怯えるビコの先には気絶している筈のリオ先生。でも。
その傍らに円様。
抱きかかえられて目覚めるリオ先生。

『太臓もて王サーガ』
取り敢えず連載2回目。まだまだイケる! だそうだ。
絶叫系のツッコミはイマイチ好きではないものの、お話は面白いなぁ、と思います。
王子が目をつけた次なる女生徒は、氷の微笑女と異名を取る、佐渡あいすちゃん。物凄く毒舌。実は間界人。そんな永久凍土っぷりで領事は務まるのか。そうじゃないと間界人は扱えないのか。
今回も出た、真中ネタ。懸垂告白。好きじゃない娘でもOK貰えるって…。そ、そうか?
阿久津くんはとうとう召喚されたのか、本当にそこから戻るのか、ドキドキしました。
画面は横からですが、阿久津くんからは真っ正面な訳で。そりゃ死にたくもなる。
召喚の要請、断れるって解って良かったね。

『D.Gray-man』
千年公に渡されたカードには、ホントに沢山の名前が書かれてる。飾り文字みたいで判読が難しいなぁ。アレンは示されてるので解った。ジャンプを横にしたり逆さまにしたりしてみちゃったよ。
カードは単なるカードではなく、ピエロみたいなのが囚われてる。
初っ端からアレン、ティキに首締められてる。おうおう死ぬ死ぬ。
イノセンスは破壊されるわ、心臓に穴は開けられるわ、これでもかって程、追い詰められ痛めつけられる主人公も珍しい。
アレンの腕が壊される絵、凄い細かくてリアルで、だから余計に怖い。
抵抗できないアレンが嫌だよう。それだけ弱ってるって事じゃないか。
しかも公開実験みたいな事されて。アレンのイノセンスがハートだったらビンゴって…(ビンゴではなかったけれど)
心臓に穴開いたら死んじゃうよね? 生き返る術があるのか…(どっか行って修行するとか)(エライ人が出てくるとか)(実は心臓2つあるんですとか)(誰かの血を貰うとか)(レイズとか)。
この寸前にアレンは、ティムにスーマンさんのイノセンスを持たせて逃がします。それを賢明な判断だと言って見送るティキ。見逃しちゃって良いの?
ティムは多分、ラビ達の処に行くんだろうな。
そのラビ達の方の戦闘も何とか終息した様子。また襲われそうな予感がするけれど(ティムを追っかけて来たアクマとか)。ヨレヨレなラビがやけに色っぽいですよー。
で、負けず劣らずヨレヨレなリナリーが助けを求めて到着です。最初リナリーって解んなかったよ。
[PR]
by skyseeker | 2005-08-02 21:51 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.35』... 『週刊少年ジャンプNo.34』... >>