ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.36・37』感想

今週は合併号。来週はお休み(って書いとかないと自分で忘れます…)
また折り返し表紙。捲ったら花火だった。夏ですねぇ。
ナルトのゲーム、オロチ丸がリアル過ぎてリアルに怖い……

途中まで感想書いてたら何故か力尽きてしまったので
いきなり途中から短いです御免なさい…
(次号まで日数もあるので、書き足すor書き直す(ぇ)かもしれません)



『BLEACH』
あら、ひよ里ちゃんは猿柿さんでした。電話してた時に『猿柿さん』だったのはイヤミまではいかないまでも、マイナスのニュアンスを伝えたかったからかなぁ。
ひよ里ちゃんは何で人間も死神も嫌いかなぁ。元・死神なら人間は嫌いかなぁ。で、虚化で、死神達から虐められるか酷く拒絶されるかして、死神も嫌いになったのかなぁ。そのうちホントの事話してくれると良いなぁ。
何となく……虚化した死神にはとことん冷たい気がします。ソウル・ソサエティ。一護に死神許可証(偽)(だよね)を渡したのは特例か、浮竹さんの個人的な好意からなのかも。
平子くんとひよ里ちゃんの体を張ったド付き合い激しいね。平子くんは毎回流血してそう。
逃走する彼ら(つか、ひよ里ちゃんは殺る気だ)を追おうとする織姫を止めるチャド。殺されるのは兎も角(…兎も角?)、追いつけないって、平子くんの体は何で出来てるんだろう。
一方帰宅した一護は、一心の愛のコミュニケーションをものともせず(違)、自室に篭って悩む悩む。仮面の軍勢に誘われた事よりも、平子君によって指摘された虚化、自分の中の虚が大きくなってきている事実に。
破面側でも動きあり。モンスター型から人間型へ。藍染さんは着々と研究を進めていってるのですね。市丸は何してるのかなぁ。

『銀魂』
RPGの主人公には2タイプあって、自ら世界を救うって参加型と、いつのまにか世界を救う事になってた巻き込まれ型。今回の銀さんは後者(笑)
や、この人はいつだって世界を救おうなんて考えちゃなくて、巨大エイリアンがターミナルを占拠した時も、神楽ちゃんを助けるのが主目的だった。定春が巨大化した時も、それによる被害がどーのではなく、定春を助けたかった。
表紙の浴衣の神楽ちゃんが可愛い。何て贅沢な表紙だろう。庭で花火。最初は和やかに手持ち花火をしてたのがいつのまにか、打ち上げ花火振り回して大暴れ、なんて展開に持ってけそうなのに。
首振り扇風機に合わせて動く神楽ちゃんが可愛い。争奪戦に加わる銀さんも大人気なくて良い。
てか、世の中はそんなにエアコンオンリーなんですか?
銭封機ってネーミングはどうかな…
扇風機、欲しいです。我が家にある冷房設備は団扇なので。

『D.Gray-man』
君は誰なんだ少女A(エクソシストだよね?)。
ティム、ラビやリナリーと合流できて良かったね!
リナリーのおみ足は相変わらず美しいです。
そしてミランダ嬢が登場です!! 恰好良い!! 美人!! パンツスタイルで来るとは!!
彼女の能力がどう鍛えられたのかはまだ解りませんが、前回登場時のなら船は直せそう。
アレンの心臓は…どうかなぁ…

『ONE PEACE』
表紙が素敵。そげキング様だーわーい。お、フランキーも居る。え、何、麦わら一味、決定なの?(笑)
門だらけ。一直線に並んでるんだよね。正門とか本島前門とか、解り易いのか難いのか、微妙。
ずんどこ敵を薙ぎ倒して進んでいくルフィが恰好良いです。
大勢に囲まれて、何人で来たって問いかけに、1人って答えるルフィ。確かに今1人で突っ走ってる。あとでまた人が来るって先刻言ってなかったっけ。そか、この大人数を相手にするのはルフィ1人って事か。
不夜島だろうが仮にも監獄であるなら夜勤はあってしかるべき。軍隊でもあるわけだし。にもかかわらず、当直が居ないって何事でしょう。守りは全てオイモとカーシーの2人に任せっきりなのでしょうか。人材…少ないのかな…
それとも門番は巨人族という決まりがあるとか?
デカイ門番つーので、ジダン坊(漢字…)を思い出しました☆

『NARUTO-ナルト-』
サクラちゃんの怪力はチャクラによるものだった!!
今週一番の衝撃(笑)

(えーそーなのー?)
(それじゃ、他の人も出来ちゃうんじゃ…)
(綱手姫直伝だっけ。チャクラで怪力出すのってコツが要るのかなぁ?)
(リーはどうなの?)

『DEATH NOTE』
…そそ、総一郎さん……っ!

(もう今週はコレで一杯一杯)
(シドウ帰っちゃうんだとか月の取り乱そうってどうなんだとか突っ込んでるどころではなくなった)

『アイシールド21』
ボール飛ばして、キャッチしてないのに、倒したってどゆこと?(笑)
鉄馬のキャッチを阻止できたから良いのかな?
零れたボールは凄まじい勢いで誰かが拾っていった。モン太、思いっきしセナって言っちゃってますが。
突っ走るセナの前に立ち塞がる陸。
すぐ横では栗田君たちが作る壁。そちらへ行った方が楽な筈。
でもセナは陸と相対する方を選んだ。
ボールを構える恰好が、以前とは違う気がした。セナの心構えの違いかなぁ。守るのは体ではなくボールで、ボールを守る為に体を使うという事。
陸の台詞がちょっと早くて、え、もう抜いたの? いつ抜いたの? とちょっと解んなかったです(笑)
丸々1ページ使った抜き様は、文句なく恰好良かったです。

『テニスの王子様』
……え?
決着、まだついてなかったんだっけ?
あー、テニスは6を取った方が勝ちなんだっけ。あら早とちり。
つか、ムーンサルトとか言って無駄に跳んでるほうが体力使うんじゃないかとも思います。ちゃんと地面に立ってテニスしてた方が良いのではないかと。
ポイントを獲れるのは乾先輩のサーブだけ、他は海堂に走らされていた。で、そんなに汗かくの? ラリーが続いてたって事だよね? 君ら、あんまり短期決戦に持ち込めるようなコンビじゃないんじゃ…
テニス様の理屈はいつもよく解んないんだけどね…

『HUNTER×HUNTER』
彼女の方が命と言うとは思いませんでした。
って、冨樫先生の思うツボだったかも。
王様は、覚悟は足らなかったけれど、潔さは清々しいくらい備わってると思う。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
ビアンキは日本育ちではないのかー。
今週もナマハゲが出ました。素敵。お気に入り。

『みえるひと』
何でそんな所に居るのか気になります。
高い所からの方が見つかりやすいと思ってとか?
ヒメノンの悲鳴で飛び込んでくる明神さんが良いです。良い人だ。家賃の為かもしれないけど。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
また一息の回なのかなぁと思ったら全然違いました序章ですよね。
そうか、世間的にはアヤの事件しか知られてないんだっけ。
刑事さんもシェフもそれほど報道されなかったのかな。
あかねちゃん、髪の毛艶々に戻って良かったねぇ。充電池は小難しい教科書なのか。それって弥子ちゃんが使ってないとやっぱダメなのかな。持ち歩いてるだけではダメなのかな。

『カイン』
ナンカもう訳解らん。

『タカヤ-閃武学園激闘伝-』
ナンカもう訳解らん。その2。

『切法師』
お、終わっちゃいそう…

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
いつの間に魔具を取り出してたんですかリオ先生。
円様は一戦交えていくのでしょうか。

『太臓もて王サーガ』
多分、今週もパロがてんこもりだったのでしょう。
今週は下モネタが凄かったね…
殆ど元ネタが解らない…

『ウサギとカメとストライク』
読切。ええっと、第2回J金未来杯エントリー作品。
かなり長編でしたが、最後まで楽しく読めました。冗長部分もなく、絵も丁寧。
女の子も立場がよく解らなかった。主人公君の幼馴染なのかな? 居ても居なくてもあんまり変わらないような気もしました。
エース君がとことん悪役顔なのが良いなぁ(笑)
[PR]
by skyseeker | 2005-08-10 21:04 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.38』感想 『週刊少年ジャンプNo.35』... >>