ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.40』感想(後半)

藤島康介氏の服のデザインは好きだ。
(女神様のとかも)



『魔人探偵 脳噛ネウロ』
笹塚さんと笛吹の関係。笹塚さんのローテンションの理由。ネウロさんには興味なさそうな謎だけれど、是非ちゃんと読みたい箇所ですね。
言い争う(?)笹塚さんと笛吹さんを止める為に、弥子ちゃんで殴るネウロさん。そんな止め方しなくても。まぁまぁと間に割って入るネウロさんも想像し難いな。
弥子ちゃんの『犯人はお前だ』が5本指。誰指してるんだ。エレベータに居たのは全て女性(赤ちゃんも?)。てか、この中の1人が犯人で女装してんのかと思った。

『太臓もて王サーガ』
毎週毎週、感想書きづら…
漫画だけでなく、小説からもか。ドクロちゃん読んだ事ない。
太臓で好きなのは、何気ない小さいコマでのキャラの描き方。目とか。帰路の文字の下のコマの太臓とか。
でもブックマンはどうだろう…
それから蝶をそんなところで使わないで下さい。

『みえるひと』
女子高生ひめのん、入学式。一人ぼっちなのを察して、保護者として出席する明神さん(紋付袴)(どっから持ってきたんだ)。と、くっついてきたアズミちゃんと野球少年(名前何だっけ…)。
ひめのんに話し掛けてた女の子はアズミちゃんが見えないんだね。まぁ人間として見えるのなら兎も角、幽霊として見えてたら大変だ。彼女は今後、ひめのんの友達役として出てくるのでしょうか。
ひめのんの家族構成がチラッと。お祖父さんとお父さんは生きてるんだよね。お母さんが謎だ。
バトルも嫌いではありませんが、こういう日常のお話、良いですよね。

『魔法使いムク』
第2回J金未来杯エントリーNo.4
魔法使いの少年が主人公のファンタジー。街などの描き込みは丁寧でイイ感じ。台詞とコマ割りはイマイチ。もっと別の言い方が出来そうだなぁと思ったり。
あと、作者さん、魔女の宅急便のファンなのかなぁ?(時計塔…)
ナルトのアシさんだったようで、納得しました。うん、ナルトっぽい。
マギが擬人化したら美脚な美人お姉さんだと良い。

『D.Gray-man』
何となく、絵柄が変わりました?
助かったアレンは何故助かったのか解らず、助けられなかったスーマンさんの事を考えて、ノア(ティキ)の事を考えて、今にも崩壊しそう。
アレンが助かったのは彼自身のイノセンスのおかげだけれど、スーマンさんを助けられなかったのはアレンの所為じゃない。でもアレンはそうは思わないんだよね。彼は救いたくてエクソシストになったんだから。
ベッドを抜け出して進んだ先には開かない扉。今のアレンを表しているような。
そんな彼を、突き放すかのように心構えを試したのは、アジア区支部長のバク・チャン。コムイさんとは友達なんだっけ? 立ち姿、どっかからのコピー?
改めてアレンはエクソシストとしての決意を表明。もし次に咎落ちに遭遇したら、何が何でも助けそう。
バクさんは、アレンの左腕を直す気もあるらしい。予告には、あんまりイノセンスが良い状態じゃないみたいなの書いてあるね。
アジア区支部は出てきたばっかりだし、まだまだ謎だらけ。バクさんの祖父は何者なのかとか、アレンの見張り(居眠りしてたけど)役の女の子とか。
停滞してた物語が少し動き出して(師匠捜しはラビチーム先行で?)、楽しみになってきました。
開かない扉の向こう側もそのうち描いて欲しいな。

『切法師』
村人達を先に行かせて、迎え撃とうとする倫太郎。
今までの敵とは違う感じのウンデイゴ。術を使う。
そんな子供達に戦わすのを任せたものの、ベラベラ喋り捲られて、お母さん大迷惑。育て方、間違っちゃったね。しょうがない、出番です。
このまま一騎打ちで決着がつくのか、別の切法師が来たりするのか?
相変わらず地味だし戦闘中に台詞は多くてテンポ悪かったりもするんだけど、面白いので続いて欲しいなぁ。

『カイン』
オナラの人(ってんじゃないような気もするが)が煉王国の創立者。ええと、悪が蔓延って来たから国を捨てて逃げたの? んで潰そうとしてるの? 作った張本人としてそれはどうなのか。責任とって潰そうとしてるのか。
作ったってからには、元々の国民もいなさそう。行幸などで通る街は、元は他所の国だったんだろう、と。じゃあ”煉王国”とは実質、軍隊を指すのかな。
来週辺り、最終回? っぽい。
[PR]
by skyseeker | 2005-09-07 20:34 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.41』... 『週刊少年ジャンプNo.40』... >>