ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.41』感想(後半)

42号は17日土曜発売ですね。
忘れそうですね。
……




『魔人探偵 脳噛ネウロ』
ヒステリアは赤ちゃん抱いたお母さんでした。展望台に来た理由が、彼女だけちょっと変だなぁと思ったり。思ったらすぐに犯人だと判明しちゃったり(ネウロってそうだよ)。
過去に何かあって彼女が”犬”になったのか、本能が爆破とか、よく解んないですが相変わらずぶっ飛んだ犯人です。アヤさんが割と大人しめの変貌だったので(サイは別として)、ああネウロの犯人だなあと感心(笑)
で、笛吹さんに連絡するも彼が来る前に推理を披露し始めちゃってるので、彼が来る頃にはすっかり解決してて、笛吹さんにとっては訳解んないまま逮捕、とかになりそうだ。

『太臓もて王サーガ』
学校七不思議を探せ。
階段のオチには妙に納得してしまった! そっか!(笑)

『みえるひと』
此方にも新キャラ。お兄さんと男の子。どちらも陽魂。
ストーリーが詰まったら新キャラで心機一転てよく有る手段だけれど、ちゃんと既存のキャラに絡ませられて、お話にも組み込めて、今話限りの出演にならなければ良い。
うたかた荘はアパートなんだし、それなりに住人がいないと寂しいので、新キャラが出てきてくれて嬉しいです。しかも明神さんと野球少年にライバル意識を持ってる2人組。
お兄さんのでっかいハンマーは、ひめのん達人間にも当たるそう。
横でおっさんがメモ開いて確認してます。先日、林で起こった怪事件の。
うーん、お兄さんが犯人のようなそうでないような。シルエットが似てるってだけじゃね。メモにわざわざ『顔?』って書いてあるのもね。

『D.Gray-man』
イノセンスが粒子になっててアレンを守ってて発動したら左腕に戻るってそんな、なんて冷めた気持ちで読んでたらまさかのギャグ落ち。
……。
良いのかこれで。
手がでっかくて口悪い女の子はアジア支部の番人だって。人間じゃなかったのか。
三つ編み眼鏡の女の子はアレンにストライクらしい。久し振りに見たよウサギ。彼女のぶっとい三つ編み可愛いです。
新キャラがたくさん出てきて、楽しくなってきました。
新キャラつえばアレンの顔が随分大人びてて新キャラのようです。いつの間にこんなにおっきくなったんだいアレン。髪も短いし。いつ切ったんだっけ。

『HUNTER×HUNTER』
眼鏡の人(いつも名前忘れる…)が、精神が壊れたっつってるよ。もう戦えないのかな。ゴンやキルアが変で彼のような反応が普通なんだろうな。
只管に彼が怯えるオーラの元へ、パームさん到着。パームさんの顔は、ゴンとデートした時に見せた素敵なお姉さんの印象が強いので、下書き状態の彼女のままでは誰が誰やら。
そしてやっと彼女の能力も知りました。”今”何やってるかって解ったら対処方法は全く変わるよね。
今出てる主要な人物(人間もキメラアントも)が、この戦いでボコボコ死んじゃいそうで怖いです。

『カイン』
何で真ん中の車に王様が乗ってるって解ったんだろう。
誰か偵察に来たっけ?
服を脱いで参戦のカイン、いつ腹から手を出すのかとドキドキしてます。…もう出さないのかしら…

『切法師』
地味なんだけれど(何回言ったかなこの単語(^^ゞ)戦いの駆け引きが面白いです。作者さんも何となくテンポを気にしながら台詞を入れてる感じがします。
確固たる意思を持つ相手と戦うのは、倫太郎は多分初めてで、修行時代もそういう相手と戦う事を想定してなかっただろうから、不利になるのは当然。
その辺の、知識がなかったゆえのハンデと言うか意思を持つ相手への躊躇と言うか、単なる鬼退治ではない戦いもあるというのを知っていくのかなぁと思います。倫太郎が村人を守りたいのと同じように、ハヌマンは一族を背負っているわけだから。
泥に埋まりかけて絶体絶命(多分)だけど☆
情けをかけたりは、何となくしないような気はします。お互いかけられるような相手でもないだろうし。
さてどうやって泥から脱出するのだろう。
この戦いの様はかなり大規模なようで、里とどのくらいの距離があるのかは知れないけれど、雷雲をお師匠様と姉上も見てるよ。
[PR]
by skyseeker | 2005-09-14 19:32 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.42』感想 『週刊少年ジャンプNo.41』... >>