ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.46』感想(後半)

FF12のラモン、デコ広いよね。
そうだ、レボリューションを買うのをすっかり忘れてた。まだ売ってるかなぁ。



『べしゃり暮らし』
お兄さん、影薄いなぁ…
隣で髪切ってた男が転校生。ってあんまり高校生に見えない。二十歳過ぎに見える…
上妻君は、計算し尽くしたボケが好きなんだね。咄嗟にギャグにしてしまえるのも才能だと思うんだけど。今回の炭酸や前号のアテレコや。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
容赦なくツナを殴るビアンキがいいな…(笑) そーかーこの人、ツナを殺しに日本に来てたのか(今更で御免なさい…)。
ツナはさ、マフィアのボスになるの嫌がってるけどもさ、周りにはこんなに仲間が居るんじゃんね。ボスだからじゃ無くて、ツナだから、居るんじゃないのかな。もっと自分に自信持って良いと思うよ。ナイフ、誰かに刺して貰うのじゃなく、自分で誘うと頑張ったのはエライ。
大人イーピン、可愛いなぁ。髪形がいつもと違うよね。

『銀魂』
すんげぇシリアス。ギャグがない。銀さんの顔がマジだった。空知先生に何があったのだろう。
ばっさばっさ斬られまくってる。銀さんは腹掻っ捌かれて、似蔵は腕斬り飛ばされて。
新八が格好良いよ。だから新一じゃなく新八なんだよとか言われてたけど。しかし何だな、やればできる子、って台詞に激しくデジャ・ヴュ…
神楽ちゃんは高杉と遭遇。うっわ何コレこの展開。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
五嶺(やっとIMEが一発で変換してくれるようになりました)、とことんヤな奴。てか全部アシスタント任せじゃん。恵比寿が失敗したらって思わないのかな。それはそれで信頼関係が出来上がってるのか。
使者対使者の戦いってアリなんだなぁ。

『太臓もて王サーガ』
結局この金玉杯って何だったんだ(笑)
読み方、阿久津君、こんぎょくっつってる。
実況の女の子はタカヤのパクりなのか?

『闘魂パンダーランド』
読んでたらいきなり第3話になってたんでページ捲り返した。
その他は普通に読めた。画面スッキリしてるし台詞も短く纏めてるし。面白いかどうかは兎も角。

『D.Gray-man』
うーわー、リナリー恰好良い。
てかブックマン生きてた。船離れたら死んじゃいそうだなぁ。
ツライ展開が続いてる。どうせ助からないのならってミランダの盾になる船員達とか。

『みえるひと』
ものっそいマトメに入ってる気がするのですが…
明神さん(でも仮名)の過去が知れて(少しだけど)すっきり。あのトンネルの中に居たのがワッカもとい輪っかの人なのか?
立ち向かおうとするひめのんにドキドキ。あっさりボコボコにされちゃいそうで。
過去、次週はもっと具体的に語られそうですね。あんまり面白くないぜって言ってる明神さんの表情が良いなぁ。
[PR]
by skyseeker | 2005-10-19 19:48 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.47』... 『週刊少年ジャンプNo.46』... >>