ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.12』感想(後半)

Dグレ、お休みなんですね。
大丈夫でしょうか…



『家庭教師ヒットマンREBORN!』
ツナのお父さんがボンゴレ九代目なんじゃないよね?
ラストページで指輪持ってるの、右下が雲雀さんかなー。ビアンキがその隣?? でもあんまり女の子の手じゃないし、飴を持ってるってのが何となくイメージと違う感じがするので違うのかも。てかビアンキってボンゴレかどうかも知らん。
この指輪はきっと組み合わされるようになってるんだよね。どんな形になるのかな。

『ツギハギ漂流作家』
そんな細そうな川にそんだけウナギが泳いでたのが吃驚です(笑)
てかウナギの道って…キモイ…
食べ方はどうするんだろうなぁ(捕獲後、真備は食べるつもりだったんだと思うんだけど)。普通に焼くのかな。串焼きとか。蒲焼きとか。鮭ならホイル焼きも美味。
真備の旅に同行するのは、ミツネじゃなくて、諸兄って人だった。居たっけこんな人(笑)

『DEATH NOTE』
タイトルの色々ってのは、今週は色々なシーンのコマがありますよ、って事だったのだろうか…
どっちのシナリオが進んでるのか解んない。
月のが有利っぽく描かれてるけれど、本当かどうか。
ミサミサ達は、3週間、只管ゲームしっぱなしだったのかなぁ(笑)
鏡餅、重ね過ぎでちょっと不気味です。誰も教えて……あげられないつーより、知らないんだろうなぁ。重ねられてるって事は、大きいサイズと小さいサイズ、なのかな。丸めた本物の餅を重ねてるんだったら凄いな。
てか成人式過ぎてるんなら、鏡開きも過ぎてるよね……

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
ビコちゃんのパン教室には私も参加したいです!(←パン大好き)(知らないパン屋さんがあるとつい入りたくなる)(パンて一次発酵が難しいよね)
ペイジさんが面接した1人ってのはナナちゃんだったんですね。彼女も禁魔法律家との戦いに参加するのでしょうか。
和やかな今井さんちとは対照的に、五嶺側では既に戦いが始まってました。協会と張り合ってんのかなぁ。同じ魔法律家なのに。全ての魔法律家は協会に所属してるわけではないの?
禁魔法律家の方では、『箱舟』というメンバーが揃ってます。箱舟…選ばれた者だけが生き残る、みたいな感じでしょうか? 選ばれた者、つまり禁魔法律家が勝つ、とかかなー。

『新・沖田はつらいよ~空次郎サラダ記念日~』
読切。
このよく解らないテンションは何だろう…
止めどころが解らなくて、結局最後まで読みきってしまった。
お、面白かったの、かなぁ?
一気に沢山読むと飽きそうな気もするんだけど、偶~に、ちょこっと読むと良いかも。

『テニスの王子様』
唯一、真似できなかったのが手塚ゾーン、だったそうな。
ボールの軌道をちょっとずつずらす事よりも、氷柱を作り出す方が真似できないと思います。

『みえるひと』
新キャラ登場。ナイスバディなお姉さんだ!(実は太臓のケツですとかじゃないなら)
コモンは狐なんだっけ? 犬だったら鼻が利いたかもしれないのにね。残念。
ひめのんにはやっぱり何らかの力があるんですね。
謎だったお母さんが絡んでくるのか。コモンが知ってるって事は、雪乃さんも案内屋だった?

『太臓もて王サーガ』
あんなに足蹴にされても(足とかそんなレベルではないかもしれないが)太臓も真白木さんも、あいすが大好きなんだなぁ。
真白木さんはさっさと凍っちゃってたのに、宏海は大丈夫?

『べしゃり暮らし』
圭右、全部解ってた事にしちゃってるし、子安くん声に出して突っ込んじゃえよ(笑)
周りで会話が進んでるうちに状況を理解した圭右、誤魔化す為に煽ってたのが(多分)、辻本くんの漫才を実際に見られる事に。
[PR]
by skyseeker | 2006-02-22 19:29 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.13』... 『週刊少年ジャンプNo.12』... >>