ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.24』感想(前半)

表紙はルフィのアップ。
吃驚した。
本屋さんで、いつもと違うちょっと目立たない場所に置かれてたのに、おかげですぐに発見できた。



『ONE PEACE』
表紙も描いてるのに巻頭カラー。良いなぁ、楽しそう。
カリファの能力で、ナミがツルツルになっちゃったよー。お肌スベスベなんて次元じゃないんじゃ。同じ技を喰らったサンジさんてどうしてるんだっけ。
上手く持てないテンポの棒を操って何とか戦うナミの前に、チョッパー登場。…偶然、だよね? 呼ばれたから来た、のかなぁ。そしたらえーと何だっけ何とかの粒を2個喰った状態で意識が保ててるって事だよね。
バスターコールの発動で、エニエス・ロビー大混乱。彼らも海軍なのに、同じ海軍が攻めて来るからって逃げ惑う姿は滑稽です。そういう組織だって解ってて所属してるのではないの?
キリンさんが早く逃げなきゃって言ってる割にのんびりしてて、脱出手段はちゃんと確保されてるのか。バスターコールを発動させた長官がまだ島に残ってても遠慮なく砲撃するのか。
そげキング様、今週も引き続き刀仕様。名前まで付けられちゃって…

『BLEACH』
出てった織姫を追う事もないヴァイザードの人達。彼女の能力を分析してますが、とっ捕まえてどーの、とかはしないんですね。いや完璧って結界に単なる人間が入ってきたんだから、ちょっと話聞くとか。素性を問い質すとか。誰からも感知されない結界を張った中に居るのなら、通報されても心配無用、ってか。
倉庫を出た織姫を待ってたのは夜一さん。服装がソウル・ソサエティの時と変わんなくてがっかり。まぁあれが夜一さんの戦闘服なんだろうけれど。キャミとは言わないから、せめてタンクトップとか…にゃんこのままとか。
地下勉強部屋に連れてかれて、織姫も修行するのかな。彼女の能力はほぼ完成されてるような気もするんだけど、治癒の速度を上げたり、攻撃役の椿鬼くんはもっと強くなれそうだしね。
修行つえば石田君も修行してた。久し振り。石田君が喋ってんのってドイツ語?

『銀魂』
土方さんの過去話。やっぱり恰好良いよ土方さん。空知先生は土方さんがとっても好きなんだろうなって思う。ゴリもとい近藤さん真面目に描かれてるし。
普段がギャグなだけに、偶にこういうシリアスなエピソードが来ると、心に染みるものがあります。
努力してる姿を見せないってのは見栄っ張りって事かもしれないけれど、それをこっそり知ってて言わない人が身近に居る、ってのは良いね。
つか今週は若かりし頃の土方さんで御馳走様です。ポニーテール…!

『NARUTO-ナルト-』
ナルトが影分身したり、ヤマトが木遁の術で増えてるとか、偶に同じ人が居て混乱する。
大蛇丸様の隠れ家はホントに人が居ないね。炊事洗濯掃除、誰がやってるんだろう。各自で? 当番制? サイが連れてかれたのは賄いさん欲しさからとかだったら面白い。
そんなサイの術を破ってサスケ起床。
勿体ぶってないで早く出せ。とか思ってしまいました。御免なさい。サスケ、モヒカンじゃなかった。なーんだ(…何を期待してたのか)。

『DEATH NOTE』
最終回。
……。
何の解決もされず、放り出された気分。
キラは休憩中って思ってる人も居るみたいだけれど、結局、世界はキラが現れる前の状態に戻ってて、何も無かったかのように動いている。
て言うのが、デスノートの存在した世界の結末、で良いのかなぁ。
その点では答えは出されたのか、な。
でもさー。人(キャラクター)はどうなの。月の葬式は夜神ママが出したんだよね。死んじゃった人のその後(の周囲の状況)は今までも殆ど描かれてなかったと思う。月もあっさりスルーされました。あの家族は大丈夫なのか。それにミサは? この子、2回も死神の目を持ったから、残り寿命も少なそう。
ラストの集団。一瞬、死者の集団かと思ってしまいました。んなこたぁない。彼らにしてみればキラ(月)は神な訳で、そういう意味では月は、彼らの心の中にある新世界の神になれたのでは。
連載108回。もっと回数重ねてたような気もします。それだけ中身が濃かったって事でしょうか。両先生、お疲れ様でした。
ノベライズだけでなく、アニメ化ゲーム化もするんですね。アルバムも出ちゃうのかー。

『メゾン・ド・ペンギン』
プロジェクト江口が可哀想だった。

『To LOVEる-とらぶる-』
追いかけてきた親衛隊長さん。犬に追いかけられたり車に轢かれたり忙しい人です。
あっさりララとリトの仲を認めちゃった。反対し続けて、毎回登場する度にララとデビルーク星へ帰りましょうよ攻防をやるのかと思っていたので。連れて帰りたくない訳ではないのでしょうけれど。
あんまり2人が帰ってこなかったら、デビルーク製から新たにララを連れ戻しに来る人、来たりするのかな。

『アイシールド21』
十文字君が点入れたー!
初得点とかボール触ったのも初だとか、つい笑ってしまいました。
その前のこぼれたボール争奪戦が熱かっただけに。余計にそのギャップが。モン太君のダッシュも栗ハンマーも。それこそ十文字君の粘りの一歩がね。
セナが戦ってきた阿含の強さを、身をもって知って、パシリにしてきたそのセナが頑張ってるのに自分が何もしなかったらみっともないって気持ちからかもしれないけれど、自分達だって練習をしてきた、カスじゃないって証を、見せられたと思う。
セナの足は大丈夫かな……

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
お兄さん勝利。
相撲大会ってそれで通しきるつもりなのかなぁ(笑)
ランボさんは、大人(15歳)になるとまるで別人だよね。
[PR]
by skyseeker | 2006-05-16 21:48 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.24』... 『週刊少年ジャンプNo.23』... >>