ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.24』感想(後半)

遅れました。
御免なさい…

(と言うか……)
(投稿したと思ったのに、まったく反映されてませんでした)
(っかしいなぁ)



『エム×ゼロ』
先週の続きで主人公の編入の過程。魔法学校の存在を知っちゃったから仕方なく入学かと思ったら、それ以上に長髪先生自身の都合によりだった。そんだけ魔法の力が強いんだったら聖凪高校辞めても他からお誘いが来そうな気もするけれど。
魔法を使うには場所が重要で、て事は魔法がらみの事件は学校外では起こらないのかな。物語はずっと学校内で進んでいくのでしょうか。そのうち各学校から代表者を選んでトーナメントなんてやりそうです。
主人公とアイカちゃんの関係は悪化。お互いに再会したかった筈なのに。このままどんどん仲は悪くなってって、偶~に近づく事があっても更に仲悪さが激化、したりするのかな。
主人公がお莫迦って読みやすくて良いなぁ。

『謎の村雨くん』
危うし村雨くん。
村雨くんの動きは一般人には見えないけれど、剣の達人になら見える速度なんですね。
バナナの皮で滑って転ぶお約束な青葉さんが好きです。
10年間、幼馴染でもある彼女をすら欺き通してきた村雨くん、嘘を吐き、誤魔化さなきゃならない状況には何度も陥ってきた筈。その度に手を変え品を変え、切り抜けて来たのだから今更失敗はしないだろうと思う。状況は違えど色々なパターンを心得ているだろうから。如何にして村雨くんが危機を脱していくかをこれからも楽しみにしたいと思います。
眼鏡で目が見えなかったり、顔面には影が落ちてるのに眼鏡だけ光ってたり、そういう時の村雨くんは要注意?
飛んできた竹刀をうっかりキャッチしちゃうあたり、まだまだなのかも。ヤバい状況に持ち込まないようにするのが真のスパイか。
殆ど初対面に近い村雨くんの秘密に気づいた壬生先輩は凄いね。流石剣道の達人だけあるのかな。鋭そう。これからもどんどん突っついてって欲しい。青葉さんに『あ。ゴメン』って素で謝ってるのは好印象。ソファー買ってあげるんだよね?(笑)

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
何の為にトーマスんとこ行ったんだっけ、と考えてしまった。えぇと、五嶺執行人と恵比寿裁判官を助ける為だっけ。
船酔い車酔いする草野君。行きの車で吐かなかったのはそれなりに緊張していたからだろうか。
貸しを作ったって事で、六氷法律事務所は返還されました。良かったねぇ。慣れた枕で寝られるのは良いよねぇ。ムヒョとロージーのベタな柄のパジャマが好きです。
ペイジさんはいつどうやって事務所に入ったんだろう。合鍵を持ってるのか昨夜から居たのか。
新聞に何か載っちゃってたね。協会が新聞記事にされる事そのものが違和感。五嶺グループがあるから人知れずって訳にゃいかないんだろうな。
一方、ビコちゃんは一生懸命、書を作成中。誰のだろう。ムヒョのかな。車の中でムヒョの書、破けてた(?)し。50冊作ってもすべてボツ。焼却。何をもって完成とするのかは解んないけど、1枚1枚吊り下げて何か塗ってたり、大変そう。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
絵石家その後。
学食まで時間あるから暇潰しも兼ねて訪問する弥子ちゃん。いやあの、遅刻でも授業に出たら良いんじゃ…
何だかんだ言いつつも、由香ちゃん、弥子ちゃんが来てくれて嬉しそうです。
解決の時に、家族の繋がりとか宝石の話とかしてくれたのもあると思うけれど、こんなふうに接してくれたのもしかしたら弥子ちゃんが初めてくらいとかだったりしたりするのかな。
由香ちゃん、ちゃんと弥子ちゃんの本質を見抜いてます。周りがネウロさんとかサイとか犯人とか、変な人ばっかりだから弥子ちゃん物足りないって思ってるだけだよ。弥子ちゃんは人間として、人間の感覚で、人間に接していけば良いんじゃないかな。そういうのを由香ちゃんが証明してくれたような気が何となく、します。
カキフライ食べに学食行った弥子ちゃん。幸せそう。食堂のおばちゃんも解ってらっしゃる。わざわざ連絡入れてくれるくらい親しいんだなぁ。おばちゃん名前出ましたが、再登場あるかな?
テスト勉強を賭けて、目の前に靴。頑張れ弥子ちゃん(笑)

『テニスの王子様』
よく解んないけどテニスしてる。
表紙に両校の選手が顔付き名前付きで紹介されてるけどあんまり覚えてない…
不動峰は全員2、3年で、金ちゃんとこは金ちゃんだけ1年で他は3年なんだな。
腹にボール受けてよく平然としてるなぁって思ったら重り付きだった。

『太臓もて王サーガ』
翠ちゃん、1年に編入。
年下キャラつえば宏海の妹も1年だったと思うんだけど。
矢射子姉ちゃんのキモいメイクは一瞬のだめちゃんかと思いました。速攻で千秋先輩に落とされてたなぁ。
変人揃いのもて王の中で、宏海しか常識人が居なかったのが、翠ちゃんの持ってるタマタマが割と普通人だった。でもあんなデカイの首から提げてて邪魔じゃないのかな。
で、あの、私いつも飴を持ち歩いてるのですが…おばちゃんですかそうですか…

『みえるひと』
仮面の人はコモンや焔狐よりも高次元の存在であり、ひめの母も似たようなもの或いはそれ以上の存在である、って事なのかな。仮面の人の地位とか職業とか目的とか謎だし、コモンとも縁浅からぬ知り合いであるようだし、勿論案内屋も知ってるみたいだし、陽魂がコモンを倒したとも言ってるし、解らんです(そんな結論なのか)。10年て?
ひめのんが下水に入ってからどのくらい経ったのか、明神さんが意識飛ばしてからも丸1日下水に居た面々、大丈夫か?(笑) 生身の人間なのは明神さんとひめのんだけだけど(てか、ひめのん、学校は?)。地上に出ておまわりさんに怒られてたけど、おまわりさんに見えてるのも明神さんとひめのんの2人だけなんだよね。
次週はうたかた荘に帰って、澪さんと会うのかな? 澪さんは明神さんが明神さんじゃないってまだ解ってなかったよね? それを知った澪さんと一波乱あったりするのかな。

『べしゃり暮らし』
過去と現在を織り交ぜて展開。見せ方が上手いなぁ。うっかりしたらこんがらがりそうなのに。…こんがらがる、って方言?
上妻母は、働きすぎて体を壊しちゃったんですね。確かに色んなパートやってるもんなぁ。ファミレスにレジ打ちに。きっと早朝から深夜まで。おそば屋さんで立ち動いてたのだって大変だったろうけれども、慣れたオーダーを取るのとは訳が違っただろうなぁ。
お姉さんや圭右は小学生なのだろうからバイトは出来ないよね。外国だったら新聞や牛乳配達が出来ただろうけれど。
対して上妻父は毎日新聞を読んでるのみ。彼は多分職人気質で、美味い蕎麦は作れても商売はヘタクソ、なんじゃないかなぁ。特に店の宣伝もしてなさそう。
しかし。あの芸人達もなぁ。何度もネタに使わなくてもイイだろうに。ウケたのかな。の割に店に客が来ないな。
圭右、辻本くんにコンビ誘われて動揺してる?

『ツギハギ漂流作家』
あの程度の文章力で、その自身は何処から来るの。
巴ちゃんはデッキブラシで飛ぶのかと思った。
室町杯と言うのが始まるそうです。漢字テストとか即興で文章作成とか、そういうのではないのだろうなぁ。
[PR]
by skyseeker | 2006-05-22 20:30 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.25』... 『週刊少年ジャンプNo.24』... >>