ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.27』感想(後半)

最近、読み切りってないなぁ。
連載陣が安定してる証拠?

昨日、緊急メンテにぶち当たって、更新できませんでした……



『To LOVEる-とらぶる-』
テニスの顧問、見るからに怪しさ満点です。怪しいよ。例え生粋の地球人だったとしても怪しすぎるよ。
案の定、宇宙人でした。ララの婚約者候補なんですかね。
その婚約者候補に正式に選ばれちゃったリト。ララ父からもお墨付き貰っちゃいましたよ(違)

『D.Gray-man』
連載再会。
表紙の女の子ズが楽しそう。こんな時間がずっと続けば良いのにと思った。
本編。
ちょめ助が超速攻で船を走らせるも、ミランダもちょめ助も限界間近。…ちょめ助は何でなのか解んないけど。
お別れは、とてもとても、悲しかったです。
宴会で騒いでる船員達、同行する船員達、甲板に残るアニタ達……
特にアニタやマホジャは、リナリー達と一緒に江戸へ行くんだと思ってました。アクマのウイルス(だっけ?)に侵されてたなんて全然気づいてなかった。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
わー…怖いー…
以前、この漫画を連載第3回目にして読まなくなったのは、偏にオバケが怖かったから。
パンジャは「はじめまして」と言った。でもその後、どうして覚えてないのか、と訊いた。それは、今のパンジャと会うのは初めてだけれども、前に今のパンジャとは違う(例えば姿が)パンジャと会ったという事だろうか。
その辺は物語の中で明かされると思うので待ち。
彼女の能力は、人を操るだけなんかな。ムヒョ達がこのホテルに泊まるってどうして知ったのかな。
今井さんが恰好良いです。こないだのトーマスの時に洋一くんが言ってた、今井さんに習っておくんだったって、成る程。棒切れ振り回すってムヒョ、言い回しがなんだか爺ムサイよ。

『謎の村雨くん』
壬生先輩は良い人だ。
潔いと言うか男らしいと言うか。
だから余計に花形君の非情さとか融通の利かなさ(笑)が浮き立つのだと思う。てか花形って聞くと満を思い出しちゃうんですけど。
トラックを止めた時、手裏剣の回収は花形君がやってたんですね。ちゃんと拾ったのか、感想で突っ込んだ覚えがチラッと。
取り出した野球ボール。これで青葉さんのデコにヒットさせて記憶を消すって事かな?

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
ネウロさんが、こーーたーーつーーにーー!!
1億度と1億36度の違いがよく解んない私は駄目ですかそうですか。人肌ってそんなら弥子ちゃんにでも抱きついてろよ(どうした
えっと、火事の結末は犯人シルエットで終わり? なんか来週には何もなかったかのように新しい話が始まるような気がするなぁ。相変わらず読者に推理させない推理物。
先週とかにチラッと出てきた教授、ちゃんと授業してる。わーこっちも意外ー。次の講義がめっさ気になります。

『太臓もて王サーガ』
ドキドキ学園祭。秋にやるんじゃないんですね。
太臓達のクラスはコスプレ喫茶。男子はコスプレかつ女装?
あいすのナース服はあんまり意外ではなかったですが、ちゃんとあいすもコスプレして参加してる事の方にちょっと驚きました(笑) や、何となく、制服のままで指揮とってそうだから。

『テニスの王子様』
無我の境地の先の、扉は3つ。
手塚先輩の技は無我の境地よりも上だったんですね。

『みえるひと』
同じオバケでも、何でこっちのは怖いって思わないのかな?
火神楽さんはマッチなくて困る事はなさそうです。
パラノイドサーカスは、コモン達よりもワンランク上の存在なのかと思ってたら、コモンも前に居たとこなんですね。
コモンだけじゃなく、カミナリさんやウサギさんの行動から、結構自分優先な陰魄達の集まりなんですかね。目的が一緒だから一緒に居るっぽい。団結力はあるそうだけれど。それほど仲間意識は強くなさそうな気もします。
澪さんは治療や防御専門で、攻撃型ではないんですね。
うたかた荘の周りに水の結界が張られて、籠城戦。ひめのん、学校…
ひめのんの過去も少し。雪乃さんの行動範囲がどんどん狭くなってったのは、彼女ん無縁断世がどんどん強くなってったからでしょうか。ひめのんが通う小学校へは行けない、のが雪乃さんが陰魄達に連れてかれた事に関わってきそう。
お父さんはどっかの大学の先生なんですかね。外国って事は考古学とか?

『ツギハギ漂流作家』
…展開がアホ過ぎて面白いです。このくらいの力の抜け具合は結構ストライク(笑)
遺跡なんだか解んない建物が微妙に小さいってところとか。うんと小さいとかでっかいとかはわりかしある設定だと思うんだけど。
ちょっとキャラが沢山居て覚えきれてません。巴ちゃんと大江さんがごっちゃになります。髪の色からして違うのに。
メガネ君が飛び込んだ扉はまだ大丈夫な扉なんですよね。
[PR]
by skyseeker | 2006-06-09 22:05 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.28』感想 『週刊少年ジャンプNo.27』... >>