ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.34』感想(後半)

途中の、怖い話は読まずに飛ばしました…
怖いよ…
てか稲川さんが画面に居るだけで怖いよ。



『D.Gray-man』
扉絵の、絵本風の絵柄、好きです。
フォーを助ける為、アクマと戦う為に戻ったアレン。
自分が戦う本当の目的を、おさらい。
1巻などではよく、アクマに魂の救済を、って言ってました。
憎いから戦ってるんじゃなく、彼はアクマを救いたいから戦っている。
忘れていた事を思い出した、といったところでしょうか。
そんで何だかピエロみたいな仮面を被った顔が、バクさんとフォーを守るように出てきました。
アレン大変身?!

『太臓もて王サーガ』
連載一周年だとか(だとかって)。
記念キャラ投。えー誰にしよう(出すのか?)
一周年だからなのか、いつにもましてネタが凄かったね今週。
少年誌的にはこれくらいなら大丈夫なのだろうか…

『OVER TIME』
鷹見くんの翼は、天使っつーより、鷹ですか。名前の通り。
先っちょの縞々が鷹っぽいです。
んで、鷹見くんに操られて、太朗くんが野球をやるのかと思ったら。
文字通り、乗っ取られちゃいましたよ(笑)
一転して凶悪な顔した子になっちゃいました。
太朗くんの今までのヤル気ゼロで力抜けまくってたのが、良い感じに効いてますね。
魂だけ取り残されちゃった太朗くん。
白髪になっちゃって、ぽつんと端っこに置いてけぼりです。
鷹見くんが野球をやる時だけ、こんな感じになるのかな。
多分、乗っ取られっぱなしにはならないんじゃないかとは思うのですけれど…

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
今井さんは連れてかれちゃったんですね。
真っ二つになっちゃったムヒョの魔法律書。
使者を呼び出し中に書が壊れちゃったら、使者は暴走しちゃうんですね。
出発前にビコちゃんが渡してくれた包み、入っていたのは初級用魔法律書でした。
…にしては包みの厚さと書の厚さに違いがありますよね。
初級用のが何冊も入ってたとは考えにくいので、他にも魔具があるのでしょうか。
ビコちゃんはムヒョの新しい魔法律書作成中。
吊るしてある紙を床に落としてるのは、使えないから除外でしょうか。
で、何だか恰好良いお姉さんが出てきました。
この人も執行人なんですね。

『エム×ゼロ』
生徒会魔法執行部のA校舎支部に強引に勧誘されて、ポイント欲しさに加入しちゃいました、九澄くん。
実際には授業でポイントを得られないんですよね。
こういうところで稼いだポイント数と、ズレが出ちゃうんじゃないのでしょうか。
その辺は柊父とかがうまく誤魔化すのかなぁ。
最近新しいキャラがどんどこ出てきて名前を覚えられません☆
支部長さんは、いつも魔法を使ってる事になるのかな。
シルバープレートの容量が大きいのか、使ってる魔法はそれほど大きくはない、って事でしょうか。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
ネウロさんと弥子ちゃん、大学からは無事に脱出できた模様。
サッカー観てるネウロさん、サッカー好きなのかと思ったら微妙に違う感じが(笑)
あかねちゃんはどうやらサッカーファンみたいですねー。
ネウロさん、もう1回、ネットに潜って探索。
大丈夫かな~

『みえるひと』
明神さんが2番手なんだー。
…あれ? 3本勝負だと思ってたんですけど、違いましたっけ??
コクテンちゃんとウサギさんは戦わないのかな?
明神さんが早い動きしてるのは、下水道の時に覚えた、剄を使った移動をしてるからですよね。
誰かと戦うたびに何か覚えてってますね。
剄のコントロールは出来るようになったのでしょうか。

『謎の村雨くん』
ぶっ潰すと宣言したからには、村雨くん、徹底的にやるつもりかなー。
じゃなきゃ意味ないしね。
それにしても花形くんはよく回るなぁ。
[PR]
by skyseeker | 2006-07-28 23:10 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.35』感想 『週刊少年ジャンプNo.34』... >>