ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.42』感想

三連休、一度もパソコンを起動させずに過ごしてました。
思ったより離れていられるものだなぁと変な感心。
今週の表紙はちょっと怖いですね。
白髪の銀さんの眉毛は黒いんですね。
明神さんの眉毛も黒いんですね。
ペケの眉毛を繋げたのは反則だと思います。



『ONE PEACE』
ルフィは本当に気づいてなかったんだなぁ。
それよりも何より、何だよ君達、ちゃんと話できるんじゃないか。
前に喧嘩してたときの、物凄い居心地の悪さが嘘のようで、2人の会話が成り立っている事に嬉しくなりました。
生死を分ける戦いをしてる真っ最中なのに、いきなり喧嘩始められても困りますが。
しかし海軍の一人一人は弱いなぁ。
戦艦の数だけで、ゾロ達よりも上回ってるんでしょう?
なら、兵士達は比べようにならない人数が乗ってる筈です。
それなのにちっとも押してる感じがしない。
ルフィとウソップが喋ってる時間を、持たせないといけないのは解りますが…
(それを言ったら、喋ってるウソップにどうして誰も襲い掛からないのか、ってなっちゃいますが)
ルフィと鳩さんとの決着は、そろそろ着きますかね。
喧嘩別れした友達が戻ってきて、叱咤されて奮起するって、ジャンプっぽくて良いなぁと思います。
ギアのドルルンて擬音が好きです。
キャラの服にトーン貼ってないんだ本当かなーって確かめたら、意外に早く解決。なるほど(笑)

『BLEACH』
石田くん、そう言えば暫く見ないうちに髪の毛伸びてますかね。
力が戻って思う存分戦える所為か、石田くん輝いてるように見えます。
新しい弓を手にして、楽しそう。
何か弓に思い入れがあったんでしたっけ? おじいちゃん関係?
チャドは、足場を作る繊細な作業は苦手でも、豪快な力技は任せとけって感じですね。
戦い方に余裕があるのは、戦える力を手に入れたって自信があるからでしょうか。
仮面の方が愛嬌のある顔してた、ってそんなギャグ言う人じゃなかったような気も(笑)

『アイシールド21』
この展開からすると、太陽スフィンクスは負けちゃうんだろうなぁ…
白秋ダイナソーズをここまで持ち上げといて、スフィンクスの勝ちってするのはちょっと。
原尾君が無力さを自覚して、精神的に成長して、勝利、って展開になるかもしれないけど。
番場さんとの再戦ならずって方が大きい気がします。
しかしダイナソーズの恐竜くん、相手チームの選手を全員病院送りって、ファウル(がアメフトにあるか知らないけど)で退場とかにはならないのか。

『NARUTO-ナルト-』
皆してシカマルを守る理由が解らない…
影縛りが出来るから?

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
先週に引き続き、ガソリン。
マジでガソリン高いんで、弥子ちゃん大事に扱ってね。
裕也がHAL側についたのを知らないネウロさん、ちょっと楽観的過ぎるって気もしないでもないですが、知らないんだから当たり前か。
裕也も先を見越して、事前に何か仕込んでおいてるような気もします。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
九代目の言動は何でしょう。本物?
そんで骸さんが霧の守護者?
てか骸さん?
クローム髑髏って、アナグラムですよね。
えぇと、普通に考えて、女の子に憑依した、のでしょうか。解んねー。髪の分け目は骸さんだよね。
前に手だけ出た時、こんなに華奢な感じでもなかったよね。どっちかってぇばゴツかった。
うーん、女装が趣味とか女の子になりたくてちょっと性転換してみたとか近くで見ると実は骨太な女子とか双子の片割れで全くの別人とか。
アニメは土曜の10時半なんですね。うん、起きれる(笑)

『メゾン・ド・ペンギン』
連載30回である事の方に驚きました。
そんなに続いてたんだ…

『D.Gray-man』
連れてかれるリナリーを追っかけて、アレン、神田、ラビ、クロウリー、チャオジーが箱舟の中に入っちゃいました。
アレンがリナリーを追うのは理解の範疇として、チャオジーさんが解らない……てか完全にトバッチリなんじゃァ、この人……
ブックマンは、ノアの箱舟を見た事があるのでしょうか?
で、黒い星の行き先は、ノアの箱舟の内部でした。
こういう箱庭的街並みは、Dグレの雰囲気そのものだと思います。
引っ越しって、言葉そのものの意味だったんですね。
ノアの一族は、人間の世界に居る時以外は、この街で暮らしていたのでしょうか。
それで、出口はないそうで。
レロは良いの?
ラストのコマの、鍵持ってる手は、ティキかなと思うんだけど…

『銀魂』
こち亀30周年記念に絡めて、ゲジ眉が伝染する話。
先週までのシリアスな話を好きですが、こーゆーお莫迦全開な話も好きだなぁ。
テンポ良く、魔王出現まであっちゅー間に読んでしまいました。
で、待て次号。
酷いよ。最後まで読ませてよ。ここで切るなんて次まで蛇の生殺しだよ、と本気で思いました。
もし銀ちゃんに伝染ったら、白眉なゲジになるのかなー。
キャサリンとお登勢さんは似合いすぎだった。

『OVER TIME』
不良さん達は元野球部でした。
で、彼らと試合をする事になってしまいました。
争い事を避けて、地味に暮らしてきた筈の五朗くん、本当は特に地味でも何でもないんでしょうね。面倒臭がり屋なだけで。
五朗くん側のチームは、勝負に負けたあの人たち。全員揃いのTシャツなのか(笑)
しかし波音くんは記憶力良いなぁ。
あーでもキャッチャーは頭が良い人ってイメージがあります。
うっかり試合現場を目撃しちゃって、見てられなくて(キャッチャーが)しょーがなく試合参加、な展開希望。
鷹見くんは物凄く俺様だけど、本当は不安で一杯なんだよね。
この世に今居られるのは偶然なんだって知ってるから。

『テニスの王子様』
連載再開。
前回の話をちょいと忘れてました。
不二くんが圧倒されまくってされまくったまま止まってた、で良いんですよね。
4番目のカウンター技を出してもあっさり返されちゃいました。
コートに顔面から突っ込んでヤル気を出すって(リョーマの喝もあっただろうけど)、有閑倶楽部を思い出した。シチュエーションはまったく違うんだけど、美貌が自慢の美童くんが命よりも大事な顔面擦り剥いても頑張るのよ。対戦相手が天才で、悠理と美童は完璧ナメられてて、幼児誘拐の解決の為に試合を引き伸ばさなきゃならなかったから。で、メンバーがそれぞれ動いて事件は解決して、試合にも勝ったってお話。これ別冊付録で読んだんだけど、コミックスには何巻に収録されてたっけ。文庫版でも読んだ気がするなぁ。
何の話だっけ。不二君の顔面の話だ。テニスならもうちょっと流血してても良いのにって思った。

『To LOVEる-とらぶる-』
また変な人が出てきたよ(笑)
レンくんは最初に出てきた時の、きりっとした表情のままでいれば良いのに。
この人もそのうち、ごく自然に周りに溶け込んで、何時の間にかいつもリトと一緒にいる、みたいなパターンになるのでしょうか。
デビルーク星には当分帰んないと思うなー。
てかララちゃん、マジでリトに恋してたの?!
(すごーく、失礼なこと言ってる気がします(笑))

『太臓もて王サーガ』
ちゃんと宏海の言う事に付き合って、誤解を解く手伝いをするあいす。
観察をする為とは言え、親切だなぁ。
こういうマメさがないと、間界領事なんて役職は務まらないのかもしれませんね。

『斬』
校門で待ちぼうけ、を描きたいが為に告白を口実にしたのかなぁ。
取り敢えず、月島さんピンチです。
斬の刀は鞘に収まったままの状態で研無刀って解ったのに、相手の技量は実際に打ち合わないと解らないって、修行の仕方が間違ってたんじゃないかなぁと思います。
もうちょっと早く気づこうよ!

『エム×ゼロ』
M0プレート使ったばっかでポイントもあんまり残ってないのに魔法試験。
柊先生は見つからないし。
試験内容は誘惑に負けないで制限時間内に外に出てくる事。
あんまり心配する要素もないような気がします、九澄くんの場合。
相手が「愛花ちゃん」なので、試験官の思惑通りな難しさ(?)にはならなさそう。
どんな切り抜け方をするのか、楽しみです。
できれば魔法を使わずに。
下手にM0プレート使って、ポイント足らなくて魔法空間が暴走しちゃうかも。
「愛花ちゃん」が突然、凶暴になったりとか、変貌する可能性もあるよねぇ。だって本物じゃないんだから。今だって充分に変だし。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
禁書紛失の隠匿がバレた後の魔法律協会の存続は特に気にする事もないとして、ペイジさんが死んじゃったら誰もムヒョ側を擁護してくれる人がいなくなっちゃうと思うです。
一見あまり頼りにならなそうだけど協会上部の地位にある人なのは間違いないのだし、重大さをきちんと把握してて、自ら動いてくれる上司ってなかなか居ない。ペイジさんの場合、弟子である円を救いたい為でもあるけれど。
肉体を捧げて行使する術という事で、どんどん使者に喰われて(という解釈で良いのかな?)体が無くなっちゃったら死んじゃうんだよね。霊になったらこの世には居られないし。
でもここまでやって生き残ったら、違和感ありまくりだよねぇ。

『謎の村雨くん』
周りの目を気にする事無く、本気を出した村雨くんは強いと思う。
容赦ないしね。
でも、助ける事に必死になり過ぎて、周りを見られてなくて、失敗しそうな気もします。
ツバキちゃんとの戦いの時も、どちらかと言えば、村雨くんの敗北って感じするし。
捕まりそう。
てか捕まるかな?
扉絵に楓くんは居るけど、彼はサポートに来るのかな。
ところでツバキちゃんはそのミニスカでバイクに乗るのか。
で、そのツバキちゃんの腰に回す村雨くんの手が何だかえっちくさい。

『みえるひと』
お、終わっちゃった――――――っっっ!!
いやナンカそれっぽい噂は聞いちゃいたんですが……
ホントだったのね……
わーん、他に終わっても差し支えないの、あるでしょおおお?
(この人、凄い暴言吐きましたよ!)
パラノイド・サーカスとの決着は、描かれませんでした。
キヨイの復讐はどうなったの?
観照の野望は?
代わりに描かれたのは、ひめのんの妙で変な夢。
この夢が本当になるかどうかは解らないけれど、本当になったら良い。
夢の最後の、ひめのんがお母さんに話し掛けるのが違和感なくて、ウサギさんはきっとニンジンが好きなんだろうなぁと思いました(そこなのか)
[PR]
by skyseeker | 2006-09-19 22:57 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.43』感想 『週刊少年ジャンプNo.41』... >>