ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.46』感想(後半)

何か足らないと思ったら。
ワンピがお休みだった。



『P2!-Let's Play pingpong!-』
街の卓球場へ練習に来たみたいです。
真白君は良いやつだねぇ。面倒見が良いと言うか。
乙女ちゃんはぺってするくらい、川末先輩が嫌いなんだね(笑)

『太臓もて王サーガ』
体育祭。あー運動会かな。球転がしとか棒倒しとかだしね。
途中からメガネかけてないのは、太臓に貸したままだから?

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
戻るのって、梅吉君の意志次第で、毒島さんが錬を届かなくさせたら、ひゅ――――っん、って感じで自動つか強制で戻ってくるんじゃないの?
伸ばした梅吉君の手は今井さんに届かず、今井さんとリオ先生は連れ戻されちゃいました。しかしエロい囚われ方だな。具合悪いリオ先生は寝かせるとしても、今井さんは別に寝なくても良いんじゃ。

『To LOVEる-とらぶる-』
新キャラ登場、なのかなぁ?
アニマルなコスプレで盛り上がって、お嬢様はあんまり出なかった。
つか、着ろって言われて素直に着ちゃうのか、1-Aの女子……

『LIZARD TAIL!』
読みきり。ポルタの人。
リザードテイルの先生が、キスティスみたいだと思った。
いちごとブルーベリーのおにぎりは美味しいのかなぁ。
枚数が多かったのか、お話がちょっと間延び気味?
もう少しすっきりできたように思うので、勿体無いな。

『テニスの王子様』
点数の数え方を未だに覚えてないので、5-5の同点にするのがどんだけ大変なのか解んないんだけど、そんだけ追い上げられたら、負ける、と思ってしまうのかな、やっぱり。
不二くんはマッチポイントになったけど、ボールが辛うじてネットのあっちに落っこちたって感じなので、次はネットの向こうに落とすの難しいんじゃないかなぁ。ニヤリと笑ってるし。アオリ文は次週完全決着ってあるけど。まぁ決着するんだろうけど。

『エム×ゼロ』
どっかの星で進化しちゃったような人は、ハリボテくんでしたー。
半分になって、こんな見た目凶悪そうで強そうなの出せるような、魔力を愛花ちゃんは持ってないよね。そんで中身はどうやら九澄君。やっちゃいなさいとか言われて攻撃してたんだなぁ。面白い。
伊勢君は半分になっても伊勢君だった。
でかい安全ピンが武器って描写が何だか新鮮。確かにこんなん振り回して戦う話はないよね。

『OVER TIME』
何だか掲載順が後ろの方で嫌だなぁ……
波音君が楽しそうです。大きな声で活入れたり、生き生きしてます。
ミットを嵌めたりバットを握ったりすると人格変わる人だったのかも、もしかして。
クールそうで実は熱い人だったんだなぁ。
鷹見君は殆ど喋んないし、五朗君もあんまり喋んないし、波音君のモノローグで話が進んできますが、良いのでしょうか。
で、不良さんも何か思うところがあったらしく、ズルとか横暴な判定しないで、きちんと判定しました。部員になるの?

『斬』
めり込んでると言うよりは切れてる。切れ込んでる。
つかこのズボン下げてる人、下げ過ぎだと思うのですが。
斬はいきなりコントロールできるようになってます。
もしかしたら、の続きが気になるじゃないか。
それにしてもじゃないよ。
電球は1個1個買うんじゃなく纏めて買ってストックしといた方が良いよ。
[PR]
by skyseeker | 2006-10-19 22:19 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.47』... 『週刊少年ジャンプNo.46』... >>