ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.47』感想(前半)

ゲームの花太郎は、花太郎っぽくないなぁ……
リナリーのフィギュアはちょっと欲しいかも(笑)
Dグレのカードも欲しいかも。



『ONE PEACE』
先週休んだのは表紙の為かな。
扉絵のロビンが恰好良い。何でスーツでジャングルなのかは置いといて。ワンピの表紙は本編に関係ないのが多くて、だからかなり楽しみであります。
本編の方は、まったりムード?
まぁ和やかっちゃ和やか。先週まで死にそうだったのに。
ルフィは(寝てるとは言え)元気に肉食ってるしな。やっぱ肉食うんだな。
新しい船はフランキーが造るのか。
まさかプルトンになったりはしないよね?(笑)(それじゃ戦艦になっちゃうか)
ログがたまるのって後どのくらい?
(何日間、エニエス・ロビーに居たのかな…)

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
わ。吃驚した。ツナの夢ね。
もう雲雀さんのバトル始まっちゃってるのかと思った。
思わず先週のジャンプを見返すところだった。
心配で眠れないツナは本当に良い子だなぁ。
クロームちゃんも元気そうで何より。実家に行ったりはしないのかな?
何処に住んでんの?
やっぱこの病院なのかな。
ディーノさんもお久し振りです。
何を隠そう、とある週でディーノさんが表紙を飾ってたのに惹かれ、
それからこの漫画を読み始めましたので、出て下さると非常に嬉しいです。
(聞いてねーよ)
イタリアでは不穏な空気が漂ってるっぽい。
人体実験? 人造人間?

『BLEACH』
あー織姫、可愛いー。
身も心も、だって。やだ何それ。
そんで後から、躯も心も。
だからそれ何。何で言い直すの。織姫をどうしたのよ。ええ…エエエ?!
一護達の方は一護達の方で、何だか体育会系のノリだし。
今は殆どやってないって……やらなくなった理由を、恋次、考えた事ある?
死神って昔はそんな集団だったのか…
なんかヤだな…
いやまぁ円陣組んで唱和(てか宣言?)するのは構わないよ。うん。まじないとか、儀式みたいなら。
叫ばんでも良いだろう!!
聞いてる(読んでる)こっちがコッ恥ずかしいよ!!

『銀魂』
合コン話。
つかさ、九ちゃんは普通の恰好で来ると思ったのよ。
若しくは女の子の服装で。
ゴスロリとまでは行かずとも。
(東城さんはそーゆーのが好みなのか…)
鎧甲冑騎馬で来るとは。
あーうん、九ちゃんならそういう解釈しちゃうよね。
自分がより目立つ為に、自分より可愛い女の子を連れてこないってお妙さんのスタンスなら、例え相手が九ちゃんであっても放置かなぁ…
てか続くのこの話(笑)

『NARUTO-ナルト-』
アスマ先生、死んじゃいました。
忍びらしい死に方かどうかは兎も角として。
…忍びらしい死に方って、どんなんかな…

『メゾン・ド・ペンギン』
いとり先生の過去。
11股ってのも凄いけど、それでチームワークを向上させて、試合に勝たせちゃうんだから、マネージャーとしては凄腕なのかもしれない。

『アイシールド21』
王城の学園祭へゴー。そっか高校生だったんだよね。あんまり高校生に見えないけれども。
何故かクイズへ出演しちゃう泥門メンバー。
まもりさんのメイド姿は見てみたいかも(笑)
他の人達は楽しんでるけど、ヒル魔さんの目的は敵情視察(?)だね。
でも終わった試合の点数を、そのままボードに残しておくのかな。
ノートか何かに記録したら消しちゃわないの?
神龍寺戦でカードを出し尽くした泥門に対し、手の内を明かす王城は紳士なのかどうなのか。
いや別に黙ってても良いんじゃないかと思う。
そこまでフェアプレー(かなぁ?)に徹しなくても。
読んでるこちらとしては、予めバラされて、どんな展開になってくのか、ワクワクするね!

『D.Gray-man』
えーと。
どっちもどっちでピンチなの?
神田さんはどーにもなかなか勝てそうに見えないし、相手のノアも、死ななそうで死にそうで死ななそうで。
で、何で鎖で繋がってるんだっけ?
2人が接近してから何がどうなったのかよく解んない…
神田さんが、我慢に我慢して、一発食らわした、で良いのかなー。

『P2!-Let's Play pingpong!-』
練習試合(?)その2。
先週まで空振ってたのに、今週は割りとスムーズにサーブ打ててるヒロムくん。
何かポイント掴んだっけ?
叩けって言われて、ちゃんと相手コートに入るのはあんまりないんだけど(飛んでっちゃう)、ヒロム君がちっちゃいからできる事なのかな。
んで、ちっちゃいから台の下に入り込んで、ってのもちょっと無理が…
あの下って、あんまりスペースなくない?
足元に居られたら、逆に邪魔な気がします。
近頃のは違う作りをしてるのかな。
[PR]
by skyseeker | 2006-10-24 21:12 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.47』... 『週刊少年ジャンプNo.46』... >>