ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.51』感想(後半)

すみません。
投稿したと思っていたら、おもっくそ勘違いでした。
(気づけよ)
ナンカ変な順番になってしまいましたが、
お暇があれば…



『魔人探偵 脳噛ネウロ』
間にスラッシュのあるパスワードって……何でしょうね?
わざわざ、あるって教えてくれてるのも、ヒントになってるのでしょうけれど。
思いつかないなぁ。
2つ入れるみたいだけれど、その2つは繋がりのある単語ですよね。
生/死みたいに、相反(?)するものなのか、なぁ。
久し振りな登場の、叶絵ちゃんとの会話の中で、弥子ちゃん、どうやら何かを見つけたみたい?
謎解きもわくわくしますが、弥子ちゃんの私服にもわくわくしております。
可愛いー。
その細い体の何処に、お父さんの遺産を食い潰す勢いの食料が入るのか、これまた長年の謎なワケですが。

『テニスの王子様』
…被り物してプレイしてもオッケーなんですね。
コーチ陣も止めないしなぁ。
この世界において、審判も殆ど役に立たない存在だと、再認識。
中学生相手に何も言えないって、その立場からしてどうなのよ。

『HAND'S』
生活の為に金をくれるところに就職(?)するという動機はまぁ別に良いと思います。
オッサンのチームに誘われてたとかじゃないっぽいし。
と言うかオッサンと友達じゃなかったのか。
なのに指導がなってないとか何とかって理由で、選手を引っこ抜くって……スポーツの世界は厳しいと言う結論で良いのでしょうか。
オッサンがかわいそすぎる…
こういう状況から、大吾君が一念発起(?)して、態度も妙に殊勝になっちゃって試合参加、って流れは解り易くて良いと思います。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
こういう過去話には弱いです。
ベタでも何でも。
お姉さんと弟くんは、箱舟のメンバーに居ましたっけ?
両親の仇と言うのがミックの理由なら、お姉さんと弟くんも居てもおかしくないなぁ。
禁魔法律家の末路は凄く物悲しくて、ムヒョロジ世界では反する存在であるなら、それは仕方のない事なのだろうとは思います。
パンジャやミックのような人が出るのは、魔法律協会の方に一因があるようにも思いますが。
リオ先生もそうだよね。
ビコちゃんが居ても、お母さんを助けてくれなかったってことの方が大きいんだもの…

『エム×ゼロ』
愛花ちゃんの微妙な変化が可愛いと思います。
行くように指示された場所は、実はちっとも安全ではない様子。
九澄くん(ゴールドカード)だから大丈夫、って理由は……他生徒にしてみればかなり安心材料なのでしょうね。
九澄くん、ピンチ。
ポイント残ってたっけ。試験の時にぜんぶ使っちゃったっけ?
しかしこの学校、敷地が広いなぁ。

『P2!-Let's Play pingpong!-』
主将の岩熊先輩は、ゴツそうな名前と外見とは裏腹に、とっても気の良さそうなお兄さんでした。
そんできっとすっごいお祭り好き。イベント好き。
新歓でこんだけ盛り上がっちゃうなら、打ち上げとか、その他諸々の行事には張り切って参加しちゃうのでしょう。
怪我はもう良いんですかね。
この3人が、どうやら最強メンバー。
今の団体戦がどんななのか解んないですが、シングルス+ダブルスの組み合わせですよね?
3人は全員シングルスなんでしょうか。
つか個性強過ぎて、誰かと組むとか考えられないなぁ(笑)

『OVER TIME』
普通に野球してるー。
(普通って何だ)
センパイ達とやった試合とは違って、それぞれのポジションに選手が居て、打順や配球も考えられてる。
皆が纏まってるって感じがして、読んでて楽しいです。
こういう、やっと此処まで来た感じ、と言うのを出すには、今までの、野球部がそもそもないとか、部員がいないとか、申請しようとしたら断られたとか、まぁ色々困難を入れなきゃ説得力に欠けるでしょうが、ちょっと構成を失敗しちゃったかなって気はします。
今週のようなスピード感と言うか、ぎゅっと詰まった感じで見せてれば。
太朗君や波音君の心の動きの見せ方は好きだったんですけど。

『太臓もて王サーガ』
女子の部屋に遊びに行こう!
修学旅行に来た男子の楽しみの1つですかね。
旅館(ホテルかな)の間取り図なんて知らないだろうに、ベランダやら屋根裏やらから侵入を図ろうとするその情熱が素敵です。
生徒は勿論、先生も引率で居るから、いつにもまして登場人物が多くて、出して絡めなきゃならないだろうから、それも大変そう。
で、女の子達を差し置いて、宏海が攫われちゃったですよ…
(彼が、もて王のヒロイン的立場で良いのでしょうか?)

『斬』
ごめ……あんまし読んでな……
月島さんの真剣勝負はいつも中途半端で終了しちゃうんですね…
[PR]
by skyseeker | 2006-11-30 09:48 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.01』... 『週刊少年ジャンプNo.52』... >>