ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.04・5』感想

合併号。
久し振りだなぁ。
年末って感じがします。



『ONE PEACE』
フランキー、ウソップ、新しい船と、丸々一週分使って描写。
ちょっと、クドイかもと思わなくも無いです。
休み過ぎじゃないかなぁ。
フランキー等、全部或いは幾つかを纏めて、慌しくて街の人達の思いなんかも物足りず、さらっと流すだけになってしまっていたかもしれなくても。
海軍にいるのがルフィのじいちゃんだとしても。
合併号に合わせたのでしょうけれども。
暢気な海賊達だ。
コーラ樽必須な船で、魚人島へ向けて出航です。

『NARUTO-ナルト-』
色々仕込みをしつつ、角都達を追い詰めていってる、のかなぁ?
心臓が5つあるとか新事実は判明しても、角都達の戦い方は前回と変わってない気がします。
敵の血を使って、陣を描いて、自分の心臓を突き刺すとか。
それは敵の血さえ手に入れれば行える(陣を描かなきゃダメだ)けど、シカマル達はその技(術かなぁ?)を一度目にしているんだから何か対策を考えてきてるかもってのは考えてなかったのかなぁ。
角都のその術に、シカマル達がどんなふうに対抗するか、を見せるのが目的だろうから、今週はまだこれで良いのかも。
次号でシカマルが死ななかった種明かしをして、角都が驚く…な感じになるのかな。
うーん、相手の血を使って自分の心臓を突き刺して相手を殺す、だけの術じゃないって示してくれないとツマンナイ。

『BLEACH』
雨竜&ペッシェvs解放チルッチ。まだまだ続きそう。
無限の滑走って、無限に唾(?)が出るんじゃなく、無限に滑り続けるんだと思ってました。壁にぶち当たったら止まるとか。
だから雨竜が勘違いしてんのかと思ったんだけど…
でもこの後ペッシェすっ転んでるしなぁ。どうなんだろう。
雨竜の作戦としては、チルッチ本人(てか武器にか)に吐き出して欲しかったんだろうから、床に零れてても意味ないんだろう。
その雨竜の新しい武器、筒っぽいのを取り出すから何だと思ったら、剣でした。
えー。
遠距離武器持ちなくせに何で剣なの。
筒っぽいのは実はミサイルで、弓で撃ち出すんかと思ったのに。

『アイシールド21』
眼鏡クイクイやりそうなキャラ……そう言えば鷹見高見君はクイクイしてるの見た事なかったなー。
ヒル魔さんとはまた別のタイプの策士ってイメージが合ったんだけど、似たタイプだったのね。
(ヒル魔さんはあくどくて(笑)、高見君は陰湿…なような)
王城は進の能力が突出してるけれども、進1人に頼るんじゃなく、彼を中心に作戦を組み立てて王城全員で戦っていこうって姿勢が凄く好感持てます。
同じように、チーム内で能力が突き抜けてた阿含の居た神龍寺とは違う印象があります。

『銀魂』
あーこの世界にもゲーム機ってあったんだなぁ。
あらゆる暖房用具を持ち出して列に並び、隙あらば割り込もうとする、万事屋の面々と新選組の方々と、テロリスト。あとキャサリン。
来年に続くのかよ!(笑)

『CROSS EPOCH』
読みきり。鳥山先生と尾田先生のコラボ。
仕込みに凄く時間かかってる漫画。
忙しそうだもんねぇ…
凄く久し振りに誌面でドラゴンボールのキャラ達を見られたのが嬉しいです。
これ、ワンピのコミックスに入るのかなぁ。
何かに収録されるまで、取っておきたいです。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
炎を凝縮して銃で撃ち出す、のかー。
レオンの体内に3日間埋め込んで作ってる弾を、自前で作れちゃうって事か。
ザンザスの炎はペッシェみたく品切れ(…)にはならなさそう。
その間にも解毒剤の入ってる指輪を、死んだって何とも思わないと言いながら、部下のところに落としちゃうし。
手駒として使えるうちはとことん使うって、そんなボス嫌だなー。
そんな中、ツナ側で1人立ち上がった雲雀さん。凄い復活の理由。そんなんでも通ってしまうのがリボーン世界かも。
解毒の指輪を獄寺くんにも弾いて渡して、戦力が増加。
早くクロームちゃんも助けてあげてください。

『重機人間ユンボル』
姫と言われても、博士の横に居たあのちっちゃい女の子が、たった5年で(だよね?)こんなに成長するとはちょっと思えないんだけど。
紋章は描かれてたけど、あれ、姫が印籠みたくかざしたんじゃないよね?
でも彼女の言動は凄く真っ直ぐで、国を救いたいって気持ちが解るし、後から実は偽者でしたって解っても別に構わないかも。
…バルはどう思うか解んないけど☆
しかし土木工事が人々を救う、って新しい解釈のようで実は普段からその恩恵に与ってるわけで、改めて再認識しました。
(ダム建設で、水底に沈んだ村というのも実際にあるわけだけれども……)
敵方に、バル以外のユンボル登場。
ユンボルって博士や姫のオリジナルじゃなかったんだなぁ。

『メゾン・ド・ペンギン』
新キャラ祭り…??
密室さんの中身が凄く気になる……

『テニスの王子様』
何処まで吹っ飛んで行くんだろう、とそればかりが気になりました。

『D.Gray-man』
先生、もしかして厄年ですか……(休載してたのって去年からだったっけ?)
リナリー、閉じ込められて、囚われの姫君になっても、ちっとも大人しくナンカしていませんよ。
ぐーぱんちの威力が凄くて恰好良いよー!
アレンの本気出してないパンチも怖いけど。
ラビはホンモノの鍵を発見。手だけしか出てないけど、目隠しのトーンが無くなった(笑)て事は、見つけたんだよね。

『BLUE DRAGON  ラルΩグラド』
幾らなんでも、乳もみラルって2つ名はあんまりだよね(笑)
ラル本人がその事に気づいたっぽくて、良かったと心底思います。
連載初回に見せた、グラドのフルサイズをうまく使った戦法で、城の周りのカゲ達を撃破。
城までの距離を測ったり(ミオ先生が)、アイアちゃんほどじゃないけれど自分の伸ばせるカゲの距離をちゃんと計算に入れたり、ちゃんと考えてるんだなぁ(ラルが)。
アイアちゃんも可愛いし、カメレオン(?)ぽいカゲも可愛い。
ミオ先生は爬虫類系は苦手なのかな?
グラド(ドラゴン)だって爬虫類系だ(と思う)よー。

『神力契約者M&Y』
初っ端から妹ちゃん災獣にやられちゃったのかと思った。
無事で良かったです。
地震男は、教員全員なの? 大丈夫か、この学校。
優名さんの今週の服装は婦警さん。
纏っていた砂を燃やして一件落着。…地味だ。
優名さんが砂を飛ばして、その飛んだ砂をミコトが燃やす、って連係プレーすんのかと思ったんだけどなぁ。

『To LOVEる-とらぶる-』
別荘でパーティ続き。
建物の豪華な造りを見たり、美味しいお料理を戴きに行くんなら兎も角、こんな変なトラップ満載の宝探しには参加したくないなぁ…
数々の仕掛けをものともせず、着実にプレゼントをゲットしてくララちゃん恰好良い。
しかも全部貰っちゃうんじゃなくて、皆に配るところとか男前ー。
そういうところは、きっとララちゃんの素の部分で、だから好感度高いんだろうなぁ。
沙姫ちゃんの取り巻きの1人、綾ちゃんの素顔公開。かーわいー!

『太臓もて王サーガ』
何故かカラオケ大会。
あいすが普通に参加してるところを見ると、間界人の親睦を深める会なのかなー。
(宏海はいつもの如く巻き込まれただけとか)
デュエットするあいすと矢射子姉ちゃんが可愛いです。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
電子ドラッグの脅威が過ぎ去ったその後。
弥子ちゃん大人気。
ネウロさんが謎を手に入れる為に弥子ちゃんの知名度を上げようとするのとは違って、総理によって担ぎ上げられるのは何となく勘弁して欲しいと思ったです。
何でかな。
総理の行動が、純粋な本能(食事)によるものではないからかな。この人、私利私欲で動いてそうだ。
笹塚さん退院おめでとう!!
ヒグチさんと笛吹さんの遣り取りが素敵だ。

『エム×ゼロ』
ルーシーちゃんは別に九澄くんに引っ付きっぱなしじゃないんですね。
彼が帰っちゃったら、ルーシーちゃんは1人で廊下を浮遊してるのか(笑)
見つけたのが柊父で良かった。
実験に使われちゃうかもって、もしそうなったら磨り潰されちゃうかもなんだよね?
…ぎゃー。
観月ちゃんは髪形を変えて、イメージチェンジ。
活発そうな彼女に合ってて、良いのではないでしょうか。可愛い♪
本質は変わらないって言われても、それはそれで嬉しいけれど、髪型替えたのだって言って欲しいよねー。
九澄くんはいつM0プレートのままで居るって言ったんだっけ?
と思ったんだけど、折角ドライ何とかでレベルアップを図れたのにルーシーちゃんに使っちゃったから、だからM0のまま、って校長先生や柊父は解釈した、で良いのかな。

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
結局、ロージーは何をしに学校へ行ったのかなぁ。
ギンジくんと知り合いになり、ナナちゃんを見つけ、ムヒョに助けられた。
「通行証」の在り処が学校だと知れたのは、ロージーが来た事と関係ないしね。
…ロージーの埋もれた才能が「通行証」の場所を無意識に嗅ぎつけたとかじゃないとも思うし…
何で学校に「通行証」があるって解ったのかなぁ。
ナナちゃん無事で良かった。

『P2!-Let's Play pingpong!-』
絵柄が可愛すぎて、あんまりドロドロしたドラマは似合わない気もするなぁ。
ヒロム君が出てるシーンは、内容がどんだけシリアスでも、何処となくほのぼのしてて、イイ感じなんだけど。
凄い動体視力で見る「別の世界」って言うのは、どんなふうなんでしょうね。
見せてくれるのかなぁって思ったら、次号以降に持ち越しですか。残念☆
王華の練習は、中学生なのに過酷だなー。減圧って。
[PR]
by skyseeker | 2006-12-27 12:12 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.06・... 『週刊少年ジャンプNo.03』感想 >>