ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.09』感想(前半)

手元にジャンプが無いまま感想を書いてると、ジャンプを読んでた時に『あ、これ感想に書こう』って思ったのをすっかり忘れてるなんて事がしょっちゅうです。
今週も何かを忘れました。
多分でも思い出しても追記とかしないです。



『銀魂』
表紙と巻等カラー。
神楽ちゃんそのメロンは何ですか表紙でヒロインがそんなのやらかしちゃって良いんですか。
可愛いけど。
そして本編は薄ボンヤリとデジャ・ヴュが漂う始まりなのでした。
銀魂のキャラに必殺技がない事に、初めて気づいたです(笑)
そっか、なかったよね、そう言えば!
そしてここに、新たに必殺技が誕生したわけです。
ジャンボリックマグナム! 恰好良いじゃん!
違います。
ももパーンも地味に痛いんで、必殺的な技には適していると思います。
ただ叫びづらいんじゃないかなー。

『ONE PEACE』
船の中に生簀があるって贅沢だ~
周り全部が生簀のようなものなのに(笑)
ナミの気象予報は凄いなぁ。
きっと、ほんのちょっとの気圧の変化も解っちゃうんだろうなぁ。
ブルック氏、某かぼちゃの王っぽくて、素敵。
え、仲間になるの?
その船に居るから動いて喋れてるってワケじゃないの?
つか彼は本当の幽霊なんだろうか。
だってうんこ出るんだよね。
飲んだワインがそのまま肋骨の隙間から零れてくるんじゃないんだよね?
でも何十年ぶりって…

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
扉絵のザンザスが恰好良いと思ってしまった。
思ってしまったって、別に悪い事じゃないでしょうけれど(笑)
ツナの零地点突破は、ツナ独自の技で良いんだよね。
初代と別物(似て非なる)なのか、初代が成し得なかったものなのか、ザンザスの言うようにパチモンなのか、解んないけど…
改って付いたしなぁ。
ぶっ飛ばされても炎を点して、起き上がって技を練ろう(?)とするツナは、台詞やモノローグが全然無くて、どういう心情なのでしょう。
ザンザスに勝つ、というよりは、仲間を傷つけて許せない、のが強いのかなぁ。
他の人達の解毒もオッケーですね。
クロームちゃんは何処ですか。

『NARUTO-ナルト-』
うわぁ、生き埋めに……
酸素がなくなったら死ぬのかな?
ナルトの新技は……どうなんでしょう。
素で『…変…』と思ってしまったのですが。
何だってわざわざ、折角凝縮した螺旋丸に、翼だか羽だか解んないのを付属するの。
忍者だから手裏剣てのは解るけど。
まぁ世の子供たちは喜ぶんでしょう。
大人になってしまった今、あんまり、喜べないとゆーか何とゆーか。笑っちゃって。

『エム×ゼロ』
魔法クラスマッチ開始。
各々、駒には点数が付いてて、倒したら自軍にその点数が加算、大将を殺られたら負け。
陣取り合戦みたいなものかなー。
愛花ちゃんが王様かな、と思ってたんだけど、彼女は姿を消せるからスパイなんですね。
九澄くんは当然アタッカー。
さらにボーナス得点まで付けられちゃった。
可哀想(笑)
毎度の事ながらピンチには違いないんだけど、以前よりも余裕に感じられるのはルーシーちゃんの存在が大きいんだろうな。
九澄から離れないようにして、敵のボールを壊していったらC組は簡単に勝てちゃいそう。
そうならないように九澄くんの得点を枷にしたというよりも、そんなのは序の口で、これからルーシーに対する困難が待ってるような気がします。

『アイシールド21』
進さんの若かりし頃。
(今でも若いって)
周りが監督のやらせるトレーニングに対して何と言おうと、進さんはもくもくと練習する。
寡黙な人なんだなぁと思ってんだけど、人に構われるのがあまり好きではなかったのかな。
なのに、アメフトに関しては、先生から期待を寄せられてる。
関心を持たれて、どう答えて良いか解らなくて、更にいっそうトレーニングに打ち込んでる、ようにも見えました。
ラストの、セナへの勝利宣言は、関心を持ってくれたショーグンへの答え、にも聞こえます。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
机の取り調べに、池谷さんは心中穏やかではないのだろうな。
自分の子供とか娘とか、そんなふうに思うのなら、弄繰り回されて気分良いとは思えないし。
家具を『我が娘』とか言っちゃうのには、され竜のギギナみたいだなぁ(笑)
家具の仕掛け(?)は面白いですねぇ。
どうやら高級な家具にはあんなふうになるのがあるみたいですね。
押すと空気圧で引き出しが出てくるとか。
作り(設計)がちゃんとしてるって事でしょうか。家具の中に空気の通り道をちゃんと作れているっていう。
さて、犯人は大塚さんなんでしょうか。
先週から変わった描写をされてますし。
[PR]
by skyseeker | 2007-01-31 13:54 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.09』... 『週刊少年ジャンプNo.08』感想 >>