ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.13』感想(後半)

最初の方に二つ折り(?)のページが何枚かあって、ちょっと持ち損ねて(本誌を)、二つ折りがバラバラ広がると、ややムカッと来ます。
面倒臭いのでそのまま放っておきたいところなのですが、そうすると今度は本自体が持ち難くなるので、やっぱりムカッと来ます。
つまりあの中途半端なサイズを何とかして欲しいという事です。



『エム×ゼロ』
休憩中。
愛花ちゃんのお弁当は、美味しそうです。
4時起きって、頑張ったよね…
きっと柊先生の分も作ってるのだろうから、2人は同じ中身なんでしょうか。とか思ったらなんか可笑しかった☆
スパイ容疑をかけられちゃった愛花ちゃん、間一髪のところで王子様が登場ですよ。
聞いてない筈なのに愛花ちゃんの魔法を褒めてくれて、愛花ちゃんには本当に救いの手だったんじゃないかな。
愛花ちゃんを好きな事もあるだろうけれど、九澄くんにとっては、彼が持ってないものだから魔法は羨望の対象なんだろうなと思うけれど。

『D.Gray-man』
イノセンス、おっかないなぁ……
アクマを倒そうとする執念は半端ないってのが、とんでもなく露になった感じです。
分裂したり羽生えたり、避けて実体化して噛み付いたり、血塊クロウリーさんたらバラエティ豊かだなぁ。
ジャスデビのウデに現れた、Innocenceの文字がちょっと本気で、ジャスデビじゃなくても怖い。
こういう表現をされると、どっちが善でどっちが悪なのか、解らなくなりますね。
扉の端っこに腰掛けて元に戻ったジャスデロとデビットは、扉の向こうへ落ちたのかな。
で、クロウリーさんは?
ミランダさんの絶叫から、ちょっと嫌な感じもするのですが、エリアーデさんの想いをつなげて欲しいな…

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
脱脂綿じゃ、どう考えても駄目だろ…
結局、兄弟のところではマトモなアルバイトは無かった様子。いや無くて正解か。
次に向かったのはヒグチさん。条件反射になるくらい見せられるってどんくらいの時間なんだろう。怖いなぁ。
元金よりも増えたところで止めりゃ良いのに、もしかしたらもっと当たるかもって止められないのは、ギャンブルも株も同じなのか。あえて言えば株もギャンブルか。
そしてウッカリ出会ってしまいました。
主人の言いつけで買い物って……ご主人様はお元気なんですね。
不要な美術品売ったりしてるそうで、それで食費を捻出してるのでしょうね。大変そう。
互いの主人は兎も角、弥子ちゃん達は何だか気が合いそうです。

『To LOVEる-とらぶる-』
チョコ続き。
例え迫られてもそれは本意ではないって解ってる時は、リトは手を出さないから春菜ちゃんがどんだけ乱れたって拒否するのはまぁお約束ですかね。
此処で待っててって言ったって、発動中なんだから無理だろ。
ララちゃんに、チョコを配る日って言ったのは誰なんだ。
(ララちゃんからチョコを貰いたいんだけど、それは叶わなさそうだからどさくさ紛れに貰っちゃえ、って理由ならアリかなぁ)
(でもそんなヤツ居るかなぁ?)
御門先生も変なの渡さないように!

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
業洗刀はパクッちゃうって事で良いんでしょうか。
後でバレたりもなさそうですが。
何だか急に、物語が動いた感じがします。
銀杏ばばあから逃げて、アイビーとニアミスして、毒島さんや洋一君と合流して、書が出来上がりそうで、銀杏ばばあと再会、未完の書を持ってビコちゃん登場。
地下室の何処へ連れションしに行ったのかも気になりますが。

『太臓もて王サーガ』
雪合戦。暖冬とか関係なく。カンジキ履かないと埋もれるくらい積もるって凄いなぁ。
珍しく、あいすちゃんが「しまった」って失敗してる。

『P2!-Let's Play pingpong!-』
岩倉先輩は調子良いの悪いの?!
って、調子悪いんだろうなぁ。
そんなのが解るって、ヒロムの能力は動体視力だけじゃないのか(笑)

『重機人間ユンボル』
姫君のピンチに駆けつける、姫君のナイト。
とっても王道な展開です。
しかしそれすらも笑けて来てしまうのは何故なのか(笑)
凄いシリアスな展開なのに……
ゲンバー大王がユンボル第一号だったのかぁ。
デカい所為で逆に解んなかったよ。
だってバルとかちっさいじゃん。
つか、ゲンバー大王のデカさに対する「常識的に考えて」って、姫の台詞の方が信じられません。

『神力契約者M&Y』
あらら最終回。
えぇと、10週ですか。最近は割りと続いてる事が多かったので、この数字は久し振りに見た気がします。
優名さんは何で苛められてたの。
それでミコトが拾って、その時が何があったの。
助けようとするあの必死さは、余程の事があったんだろうなって思うんだけど。
[PR]
by skyseeker | 2007-02-28 11:18 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.14』感想 『週刊少年ジャンプNo.13』... >>