ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.19』感想(後半)


うさ、とら、ネウ、テニ、豪、ラル、P2、ムヒ、もて



『サムライうさぎ』
連載初っ端からこんなに主人公が彼女(妻)にぞっこん(死語?)な漫画は、ジャンプでは珍しいよね。
いちいち志乃ちゃんに謝ったり、お面を作る彼女を褒めたり、ごっちん可愛いなぁ。
そんなに考えてるのに、ポクっと殴られちゃったりして。
どうしたんでしょう。
千代吉くんのお姉さんは単なる酔っ払いじゃなかった。
味見してたのか…って、試飲って飲んじゃ駄目だよね(笑)
ナナナ酒は焼酎系かな。

『To LOVEる-とらぶる-』
ララちゃんが宇宙人って解っても、騒いだりしないで部活をやるって、この子達かなり大物だなぁ。
スタイル良かったり運動神経良かったりの理由が、「宇宙人だから」で納得できちゃったからかな…
その辺は気になってたんだなぁ。
校内にエロ坊主出現かと思えば、実はエロ親父だった…
ナンカの呪いとかでちっさくなってんの?

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
そんなにも、そんなにも、ゲ○戦記の出来に不満をお持ちですか、松井先生(笑)
ここまであからさまに描かれちゃうとエグくてちょっとヒく。
怖いよー。
ガッツリ『俺が犯人です』とバラしてるので、うおー誰が犯人なんだー的なものが無い分、物語の展開とは別なところでドキドキハラハラしてしまうのかもしれない。
豹変した犯人の顔は、いつになく可愛いと思った。
睦月ちゃんのちょっと呆然としてる様が気になるなぁ。大丈夫かなぁ。

『テニスの王子様』
いきなり英文でテロップとか出ちゃうから、最終回かと思った。
終わりって無かったよね。
来週もまた続くんだよね。

『バレーボール使い 郷田豪』
感想を書こうと思って読むからツマんないんだと気づいた。
ただアハハと笑うだけに読めば面白い。
あ、袋に密封したら息が出来ないと思う。

『BLUE DRAGON  ラルΩグラド』
子供ミオ先生が可愛い。
こんなにちっちゃい頃からラルの教育係をしてたって凄いなぁ。
ラルはホントどうしちゃったのかな。
ガネットに助けられたのがそんなに口惜しかったのか。
自分よりも先に闇女王を倒そうと旅に出た人が居るって知った時、ガネットが美女2人をお供に連れてるってのに反応したんじゃなく、先に闇女王を倒されてしまうかもしれないっての方が気掛かりだったのか…

『P2!-Let's Play pingpong!-』
山雀くんは先輩だってしょっちゅう忘れる(笑)
眞白くんは海で美人にスカウトされてました。
王華との試合を知ってるみたいだけれど、練習試合だし、そんなに注目されるかなぁ、と思ったんだけど、されるか。
王華vs破王なんだし。
でもこの先生の口振りでは、試合内容までバレてるみたいな…
まさか乙女ちゃんみたくチアガールの群れに紛れて観戦してたんじゃないよね(笑)

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
箱舟のメンバーは煽るのがうまいと思う。
悪役っぽくて良いね~
五嶺さんは最後の詰めが甘いよ。
アイビー半霊化して、後は監獄送りにするばかりだからって、恵比寿さんといちゃついてんな。

『太臓もて王サーガ』
健康診断。
ブラ先生の言ってる事は正しい(デカくなるかどうかは兎も角)。
[PR]
by skyseeker | 2007-04-11 12:37 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.20』... 『週刊少年ジャンプNo.19』... >>