ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.35』感想

店員さん「……お会計249円になります」

私「…???」

なんか高い。合併号だっけとか。
…カード要らない…



『ONE PEACE』
そげキング様!!

あれでも、ウソップと違ってそげキング様は結構前向きじゃないの?
ホロホロ大丈夫なんですか?

『NARUTO-ナルト-』
うちは一族って他にも居たのか。
イタチとサスケしか残ってなくて、兄弟の確執とか悲劇とか、そういう方向だと思ってました。
もっと喋ろうよイタチ。

『BLEACH』
下書きふうの乱菊さん可愛いなぁ。
カラブリは全部カラーなのね。高そう(何
ネコミミなグリムジョーも可愛いなぁと思いました。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
雲雀さんは雲雀さんで秘密基地を造ってたとは。
風紀委員の仲間が今でも仲間なんですね。
黒川さんの気遣いは、確かに無いと不便だけど、何だか不自然だなぁ。

『アイシールド21』
体力なさげな選手が白秋にも居たみたいです。
名前を呼ばれても出てこなかったら恥なのか……

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
あんなに殴られて流血してた割りに、元気そうですネウロさん。
鳥頭モードで本気ですよ。
自分に向かって打たれた弾を利用したんでしょうか。
いつになくメカニカル。
そんで弥子ちゃんにも容赦ない往復ビンタ。
弥子ちゃんの存在をコレでもかと噛み締めてるんですよね。

『銀魂』
無人島編その2。
何だよ全員集合かよ(笑)
誰も居ないと解ったら妙に開放感に満ち溢れるのは解らないでもない。
がしかし無人島で太陽のKomachi Angelを絶唱する気持ちは解らない(笑)
わざわざ初めてシングルオリコン1位を獲った曲を持ってくるとは空知先生ナイス。
この回がアニメになったら是非観ようと思います。

(爽やかに飛翔する新ちゃんとマダオとか、九ちゃんとか、ヅラとか、神楽ちゃん庇う銀さんとか、科学毒殺班とか、他にも突っ込みどころ満載だったのに)

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
箱舟メンバーは、全員ティキの陰謀で仲間になってたのかな。
フリオとイサビは違うっぽい気がするけど。
ティキが仮面を被ってたのは、顔を隠す為でもあったのね。
単に正体を見せない為かと思ってた。

『エム×ゼロ』
男子禁制のプール日に居ても普通に許されるって、人徳。
九澄くんじゃ、覗き目的は有り得ないって認識のされ方もどうかと思うけど(笑)
魔法使えない九澄くんはそのまま突っ込んでくしかないけど、他の子から見たら魔法も使わず凄い、ってなるんだろうな。
それでカッコイイーにならなくて、パシリに使われちゃうのね(笑)

『To LOVEる-とらぶる-』
最近の浴衣は可愛いね。
レースとかフリルとか付いてて、ネックレスみたいなアクセサリが帯締めに使われてる。
リト達が行った夏祭りは何処のか解んないけど、取り敢えず面々が集合です。
古手川唯ちゃんは近所なのかな。
髪の結い方が可愛いなぁ。
リトの折角の告白は、花火の音で掻き消されてしまいました。惜しい。
前の時よりはうまくいけたんじゃない?(笑)

『P2!-Let's Play pingpong!-』
謝らなきゃってずっと思ってた乙女ちゃん、ヒロムに先越されちゃいました。
ヒロムは全然、乙女ちゃんに対して怒りだとかそういうのは無くて、乙女ちゃんの涙は全部解ってのものだったのでしょう。
前園くんとラストで握手できたのも良かったね。

『サムライうさぎ』
屋根で対決。
剣術の腕は定くんのが上だったような気もするけど☆
ごっちんと定くんの、彼女(妻)に対する気持ちはどちらが強いとか、大きいとかは関係ない事。
相手と自分の気持ちが伝わりあえてれば良い。
とか言ってたごっちん、次は志乃ちゃんと手が繋げたら良いなぁって思います。

『瞳のカトブレパス』
蕎麦屋の配達くん、四凶の強さはよく解んないけど、あんまり油断しないように。
一燈さん早く来なさい。
お姉さんのやられっぷりがジョジョっぽかった…
時生くんの方のは、今のとこまだ四凶が押してますが、みちるさんが参戦ぽくて、どうなるでしょ。

『ベルモンド Le VisiteuR』
クロエさんはやっぱり居るのね(笑)
そしてお嬢さんもやっぱり地下室に居ます。
胸がどうのより、そんなに頻繁に出歩いてて良いんですか。
ベルモンドのところにはなんだか急にお客さんが増えたなぁとか他の修道士さんは思ってたりしてないでしょうか。

『SKET DANCE』
今週もテンション高くて、面白かったです。
夏っぽいお話にドキドキ…
幽霊騒ぎは捏造でオチなのね?
ホンモノは居なかったで良いのね?
[PR]
by skyseeker | 2007-07-31 10:29 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.38』感想 『週刊少年ジャンプNo.34』感想 >>