ブログトップ

SkySeeker

skyseeker.exblog.jp

『週刊少年ジャンプNo.41』感想

アイシールドの表紙は何となく久し振りな気がするなぁ。
(え、そんな事ないかな…)



『ONE PEACE』
折角、塩星が口に入ったのに、足らないなんて!(笑)
歴史上、有名な人っぽいですね。
ロビンの思い出し方からすると、厄介な相手でもあるようだし。

『NARUTO-ナルト-』
そんなに蛙に変えられるのがイヤだったのか…

『BLEACH』
先週、貧相になったとか何とか言ってたんで、そうかな~と思ってました。
ネルちゃん、大変身。
つーか女の子の頭を後ろから殴るってどうなの。
何よりも、後ろからっつーのが卑怯臭いなぁ。
帽子変だし!

『家庭教師ヒットマンREBORN!』
雲雀さんの落ち着きようからして、今のツナは、10年後のツナにはまだまだなんだろうなぁ。
匣の秘密もチラホラ。
誰かが作ってたのかー
色々入れられるみたいですね。

『アイシールド21』
携帯やらたまごっちやら、色々ぶら下げてる小学生だったんですね、ヒル魔さん。
お金儲けは単なるオマケで、目的は『勝つ事』なのか。
賭けの対象でしか見てなかったアメフトを、いつ頃やりだそうと思うようになるのかなー
栗田くんの情熱?(笑)
ムサシは中学生の頃からムサシだなぁ(外見が)(特に)。

『魔人探偵 脳噛ネウロ』
あーもー落ち着かない茶会でした。
シックスは車に乗って行っちゃったけれど、ネウロさんはどうやって帰ったんだろう。
彼だって車に乗って来た筈なのに。
顛末を聞かされて、『ドSサミット』って突っ込むべき箇所はそこじゃないでしょ、弥子ちゃん。

『銀魂』
一瞬だけ、元の銀さんと桂さんに見えたところで爺は爺。
そして爺は爺でも、銀さんと桂さんなのだな。
よぼよぼという擬音と摺り足が、なんとも不釣合い。
ウラシマさんは竜宮のコンピュータを乗っ取ったですか?

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
新章のスタートは、ちょっと怖くて、和むお話でした。
つい最近まで相手してきたのに比べれば、ムヒョにとっては何ともない霊なんだろうな。
ロージーだって解ってる筈なのに、それでも気になってしまうのは、ロージーの持つ優しさから?
でもムヒョ曰く、これからもっと手強いヤツが出てくるみたいだから、今回くらいの霊なら慌てず落ち着いて対処できるようになるべきなのかもしれない。

『エム×ゼロ』
愛花ちゃんを取り込んだ黒い雲は、やっぱドッキリでしたね~
柊父のプレートはまだ直ってなかったのか。
九澄くん1人でドキドキしちゃってた愛花ちゃんの告白は、九澄くんの手伝いがしたいとの事。
ルーシー(おお、久し振りだ)、その寒いセリフは九澄くんが吐いたんだよー

『To LOVEる-とらぶる-』
南の島は別の惑星でしたとさ。

『P2!-Let's Play pingpong!-』
試合会場のあちらこちらで、皆それぞれに強くあろうとしているなー
絹子さんは眞白くんを諦めてはいないんですね。
(眞白くんのお父さんて王華の監督でしたっけ)

『サムライうさぎ』
達磨の着ぐるみは、そういう仕掛けだったのか。
でもそれで借金を帳消しにしちゃうって、奉行所もちょっとだらしないなぁ。
ごっちんに武家体制の改革は期待しないけれど(え)、出っ歯を懲らしめる事は期待してます。
つかキクちゃんを助ける事を。

『ベルモンド Le VisiteuR』
腕を切り落とした面々が、並んでポーズ取ってるのは笑う場面なんだろうか。
よくやったと褒めるべき……なのか?

『SKET DANCE』
出してくるネタも古いんだけど、作風というか、全体の雰囲気も結構昭和っぽいよね。
[PR]
by skyseeker | 2007-09-11 09:32 | WJ感想
<< 『週刊少年ジャンプNo.42』感想 『週刊少年ジャンプNo.40』感想 >>